DRONE

Aerix、FPVレーシングモデル「Black Talon」を発表

Aerix、FPVレーシングモデル「Black Talon」を発表

マイクロドローンメーカーのAerixはFPVレーシングモデルのドローン「Black Talon」を発表した。

同製品はAerixがFPVレーシング市場に打って出るための初めてのドローンで、720p HDビデオカメラを搭載しており、3つのスピードモードを選択でき、初心者でもレースが楽しめるようなサポートソフトも入っている。

先行予約価格は139ドルで、ドローン本体・コントローラー・ワイヤレス5.8GHz LCDモニター・充電式バッテリー&ホルダー・4GBマイクロSDカード・スペアプロペラが4個ついてくる。つまり、すべてが最初から揃った状態でBlack Talonを楽しめるということだ。また、長時間のレースを望むユーザーのために、追加のバッテリー3本セットが50ドルで販売されている。

160530_IMG_4462-1024x683

さらに、Black Talonは高度固定機能も搭載しており、マニュアルで高度を維持する必要はないため、パイロットは方向と旋回などのコントロールに集中できる。もちろん、マニュアル主義者のために、すべて自分でコントロールできるオールマニュアルモードで楽しむこともできる。

※ご注意:そのままの仕様では日本での飛行はできません。商品の紹介のみとなります。
Return Top