Autodesk、3D Roboticsに投資を発表

2016-06-30 掲載

大手ソフトウェア会社Autodeskは、1億ドルを保有する同社のForge Fundを通して、ドローンメーカー「3D Robotics」へ投資することを発表した。

現在Autodeskはあらゆる種類のソフトウェアを開発しているが、中でも最も有名なのは世界中の建築家、エンジニア、そしてデザイナーに使われているコンピューターを使ったデザインソフトウェア「AutoCAD」だろう。Autodesk Forge Fundは、デザイン、エンジニアリング、ビジュアライゼーション、コラボレーション、プロダクション、そしてオペレーションのワークフロー等を統合するクラウドサービスForge Platformに関連する革新的なソリューションまたはサービスを開発している会社に投資している。

Autodeskの役員は、3D RoboticsがForge Platformを使って「インフラ、建設、調査、マッピング、テレコム、そしてエネルギー産業等のプロフェッショナルに向けた信頼の置けるデータ収取と分析プラットフォームを開発している」と説明する。

Forge Reality Capture APIを活用し、3D Roboticsの顧客はドローンが撮影した写真をエンジニアリングデータへ変換し、現場管理やリスクの減少に繋げる事ができるという。3D RoboticsのCEO Chris Anderson氏は、以下の通りコメントしている。

Anderson氏:現場のデータ収集にはコストと時間がかかり、多くの場合危険を伴う。通常人が行くには非効率であったり危険であったりする場所でも、ドローンであれば簡単にたどり着くことができ、より簡単にかつ正確に測定を行うことができる。Autodeskとの提携を拡大し、Forgeプラットフォームを使って時間やコスト、そして危険を減らしつつプロフェッショナルらに現場管理のソリューションを届けられることを嬉しく思う。

他の投資先として、Autodesk Forge Fundは、あらゆるプロジェクトをバイヤーや認定済みサプライヤーのCNCマシンの稼働時間に繋ぐオンライン製造プラットフォームであるMaketimeと、IoTプロダクト等を開発する際のSaaS(Software as a Service)Seeboにも投資している。より多くの開発者にForgeを試してもらうために、Autodeskは2016年9月15日まで同プラットフォームを無制限に利用できるようにもしている。

▶︎Autodesk
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ドローン業界栄枯盛衰。2017年は、戦略的提携の年。

昨年、ドローン業界はすさまじいスピードで成長し、中でも戦略的提携の成長は顕著だった。以前から提携において頻繁に最新情報を提供してきたが、なぜ今、提携がそれほど重要になっているのだろ... 続きを読む

3D Roboticsの「Solo」がオープンソースのプラットフォームとして復活

つい先日もお伝えしたが、「3D Robotics復活の兆し。シリーズDで5300万ドル調達」、3D Robotics(以下:3DR)周辺の動きが慌ただしい。企業としては産業用に舵を... 続きを読む

ドローンのベンチャー企業への投資額、過去6番目に高い記録に

2017年第1四半期(1~3月)の取引金額は高額となった。ドローン企業への投資は記録を塗り替え続けている。2017年には新記録を更新する見通しだ。 2016年は100件の取引... 続きを読む

3D Robotics復活の兆し。シリーズDで5300万ドル調達

最近良い話を気かなった3D Robotics(以下3DR)からニュースが発表された。3DRは、シリーズDラウンドで資本金5,300万ドル(約55億円)を調達し、発表した。。今回のラ... 続きを読む

芝本産業、小型ながらさまざまな用途に応用可能な3DR SOLOなどを展示 [第3回国際ドローン展2017]

1年ほど前から米3D Roboticsの正規代理店となっている芝本産業は、同社の3DR SOLOに測量用カメラや赤外線カメラ、照明といった機器を積むことで、さまざまな産業分野で活用... 続きを読む