エンルート、ドローン事業拡大のためスカパーJSATグループに参加

2016-07-01 掲載
ドローンによる衛星通信試験

株式会社エンルートは、ドローンを軸としたロボティクスと情報サービス事業拡大のため、スカパーJSAT株式会社(以下:スカパーJSAT)の子会社である、株式会社衛星ネットワーク(以下:SNET)の出資を受けることを発表した。

エンルートは、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)からの支援や企業連携により飛行ロボットの技術開発を進め、産業用ドローンの出荷台数が1,000機を超えた。今後ディープラーニングなどの画像処理による制御や情報システムとの連携、高機能素材を使用した機体開発など次世代の技術開発を進め、国際的な競争力を高めるべく、開発、経営基盤の強化、企業連携や、人材の確保を目的としてスカパーJSATグループと共同展開していく。

次世代技術をベースに、スカパーJSATグループの顧客である官公庁、公共機関、大手企業に、防災、警備、観測、インフラ点検等のソリューションを提案するとしている。また、SNETの設備保守ネットワークと連携しドローン運用サービスを展開するとともに、放送分野への技術適用を進めスポーツイベントやコンサートでの映像制作、舞台装置用ロボット等も提供していくという。

▶︎enRoute
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

新生イームズラボが個性的なドローンの数々を出展 [Japan Drone 2018]

日本を代表するドローンエンジニアの伊豆智幸氏が率いていたエンルートラボが、この春、エンルートM’sを引受先とする第三者割当増資を受けて、新たにEAMS LAB(イームズラボ... 続きを読む

エンルートラボ、沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用

ディープラーニングによる見分け 株式会社エンルートラボは、沖縄県総合防災訓練にてエンルートラボ製のドローンやAI活用の有効性を検証した。 ■沖縄県総合防災訓練でのドロー... 続きを読む

エンルートラボ、プログラム開発や産業用ドローンの練習に適したクアッドコプター「LAB445」を発売

株式会社エンルートラボは、フライトコントローラーにオープンソースのArduPilotを使用した自律航行可能な小型ドローン「LAB445」を発売開始した。LAB445ドローン組立キッ... 続きを読む

エンルートラボ、ドローン用小型フライトレコーダーを開発

株式会社エンルートラボは、小型無人機の事故解析、機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトレコーダーを開発した。 ドローン用小型フライトレコーダーは、機体トラブル等... 続きを読む

エンルートより液剤・粒剤散布ドローンが登場

株式会社エンルートは、2017年春の発売に向けて、農業を中心とした液剤散布用ドローン「Zion AC1500(以下:AC1500)」を発表した。 AC1500は、農薬散布専用... 続きを読む