サムスン、ハイレゾやドローン向けリムーバブルメモリーカードを発売

2016-07-14 掲載

サムスンからドローン市場に向けて新提案だ。同社は高解像度携帯映像機器のためのリムーバブルメモリーカードを開発した。デジタル一眼レフ、3DVRカメラ、アクションカメラ、そしてドローンを想定して開発されており、容量レンジは32~256GBとなっている。上席副社長のJung-bae Lee氏は次のようにコメントしている。

Lee氏:我々の新しい256GB UFSカードは理想的なユーザー体験をデジタルに関心がある消費者に提供し、最も競争力のあるメモリーカードソリューションを確立して業界を牽引するだろう。

同メモリーカードのラインナップはメモリーカード市場をパラダイムシフトさせ、ユーザーの使い勝手も向上すると付け加えている。さらに動画再生の変化も期待できるとしている。同社によれば、従来のmicroSDカードと比較すると読み取りの性能が5倍以上早いという。例えば5GBのフルHDムービーであればmicroSDカードなら50秒だったところを新メモリーカードはたった10秒といった具合だ。256GB UFSカードはダウンロード時間が大幅に削減されるという。例えば写真のサムネイルロードやバッファクリアの時間は、1,120MBの大きなJPEG写真もmicroSDでは32秒かかるがサムスン256GB UFSなら7秒以下のロード時間だ。

SAMSUNG
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[How to use SSD with DRONE]Vol.01 RAW時代に必須なものはSSD

左から2.5インチSSD、ポータブルSSDのT5、X5。いずれのSSDもHDDに比べれば小型軽量であるが、T5は特にコンパクトで縦74mm、横57mmしかない RAW時代の到... 続きを読む