DRONE

DJI、韓国に初Drone Arenaをオープン

DJI、韓国に初Drone Arenaをオープン

DJI Arenaイメージ図

DJIは、韓国に DJI Arenaをオープンすると発表した。同施設の面積は1,395m2で、ソウルから49km離れた龍仁市京畿道(キョクサンドン)に8月中旬オープンする予定だ。

同施設内には安全のためのネットが設営され、ドローンの飛行スキルを試したいユーザーが調整可能なLEDライト照明のサーキットを設置。FPVを使った没入型の体験が可能な液晶テレビも設置される。さらに、メンテナンスルームも完備され、修理や調整、充電等も行えるとしている。DJI韓国のカントリーマネージャー、Moon Tae-hyun氏は次のようにコメントしている。

Tae-hyun氏:DJIは、ドローンを楽しみたいすべての人が気軽に、そして簡単に、空撮技術を学べる環境整備に取り組んでいます。DJIの空撮技術を直接体験できる本施設は、安全に飛行を楽しめる環境を皆様に提供し、これから空撮を学んでみたいとお考えの方からハイレベルの空撮ファンの方まで幅広い層の方に利用していただきたいと考えています。また、本施設は屋内施設のため、天候に左右されることがありません。1年中ドローンを楽しんでいただけます。

DJI Arenaは、個人やグループ、企業のイベントで利用が可能。また、DJIが主催する無料体験会のNew Pilot Experienceプログラムやワークショップやドローンレースでもこの施設を使用可能だとしている。日本でぜひDrone Arenaを設けて欲しい。

Return Top