DRONE

18歳が開発した爆速112kmで飛行可能な「Teal」登場!

18歳が開発した爆速112kmで飛行可能な「Teal」登場!

新たに登場した「Teal」は、空飛ぶカメラだけにとどまらない。最高時速70マイル(時速112km)、時速40マイル(約時速65km)の風の中でも飛行が可能。ほとんどのアプリとの連携が可能なうえ、スーパーコンピューターを搭載しているという。Tealの主な特徴は以下の通り。

tela3
  • 初心者からハードコアレーサーまで、あらゆるモードを搭載
  • スマートフォン、タブレット、コントローラーのどれからでもコントロール可能
  • NVIDIAの組み込み用モジュール「NVIDIA TX1」を搭載
  • 誰でも簡単にアプリを作ることのできるTeal OS搭載
  • 高速にデータを処理するプロセッサを機体上に搭載
  • 全長261mm、重量730g、ペイロード500g
  • 内蔵カメラは4Kで4K/24fps、1080p30fps、720p 60fpsを実現
tela2

開発したのは、18歳の学生George Matus氏。史上最速を謳う4K空撮ドローン「TEAL」を開発。注目は、NVIDIA社の組み込み用モジュールNVIDIA TX1を実装しており、SDKも解放される予定で将来的には機械学習や自動飛行、画像認識など多くの機能が可能になる予定。TEALは1,299ドル(約13万2千円)で事前予約が可能。製品の出荷時期は今年のクリスマス前だという。

Teal
Return Top