DRONE

ドローンレースが身近に。京商、「DRONE RACER」を発表!

ドローンレースが身近に。京商、「DRONE RACER」を発表!

50年の歴史があり、陸・海・空のラインナップを揃える日本の老舗ラジコンメーカー京商株式会社(以下:京商)は、2016年9月23日「2016第56回全日本模型ホビーショー」にて新製品「DRONE RACER」を発表する。

DRONE RACERは、従来のスティック型プロポではなく、R/Cカーで主流となっているホイールコントローラーで操作し、地上35cmの地面すれすれを滑空するという。また、超音波センサーによりワンタッチ操作でテイクオフから自動ホバリングするので、フライト技術を習得する必要はない。さらに、2段階の速度切替機能で初心者モードと中級者モードを設定できる。商品のビジュアルはタイヤのないオフロードR/Cカーというイメージで、今までのレーシングドローンとは一線を画すイメージだ。

京商といえば、小型のハイテク本格R/Cカー「ミニッツレーサー」などで培われたノウハウがある。ミニッツレーサーは、豊富なオプションパーツでユーザー好みのセッティングができたり、パソコン等に接続することでモーター回転数やジャイロセンサーの強弱・ハンドルの舵角などさまざまな項目をデジタルで設定できたりする機能を持ち、ユーザーからも講評を得ている。

このようなオプションや機能を持つドローンなのであろうか。また、レーシングドローンにつきもののFPVが搭載されるかどうかも気になるところだ(どうらやらカメラは付いているようだ!)。

kyosho_cource

ホビーショーでの京商ブース。ドローンコースが設置されるようだ。ここを「DRONE RACER」が飛び交うに違いない!

今までのレーシングドローンは、ほぼ自作に近かったり、高度な操縦技術が必要になったりと初心者の参入ハードルがどうしても高かった。今回、同社のDRONE RACERは、製品のパッケージ化やセンサー類の搭載によりドローンレースに興味を持ちながら参入が難しかった層に対して、魅力的な商品となりそうだ。ホイールコントローラーの採用でR/Cカーから参入することもできるだろうし、先ほどの拡張性がもし備わっていれば幅広いユーザーが楽しめる。ドローンレースの新しいジャンルを切り開くかもしれないDRONE RACER。ホビーショーでの製品発表が楽しみだ。

djimini3pro
Return Top