Googleの親会社Alphabet、宅配ドローンを試験的にスタート

2016-08-25 掲載
Google Project Wing drone delivery projectGoogle

FAAアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Administration)は、Googleの親会社であるAlphabetに、指定されたエリアでの宅配ドローンの試験運用許可を出した。

Alphabetは、数年前からプロジェクトウイングという計画を始めていた。この計画は、ドローンを使って荷物を配送すれば通常のやり方よりも早く届けることができ、さらに環境汚染の恐れも少なくすることができるというものだ。同社はすでにNASAと協定を結び、私有地を越えてドローンを飛ばし、FAAの規制を技術的にクリアしていた。

ホワイトハウスのファクト・シートの中で、FAAはプロジェクトウイングが400フィート以下で飛行させながら空域管理システムを開発するという、オペレーションリサーチの研究になり得ると言及している。発表によるとアラスカ、ネバダ、テキサス、ニューヨーク、バージニア、ノースダコタのいずれかのFAAのUAS試験場で、プロジェクトウィングのテストを行っているという。

今回、この試験許可が出たのは、Amazonとイギリス政府のパートナーシップが発表されことがきっかけのようだ。FAAが手をこまねいている間に、イギリスでの宅配ドローンの試験運用が決定した。それを受けて今回の許可をFAAが出すまでそこまで時間はかからなかった。AmazonとAlphabetは両者とも2017年に本運用開始を目指しているという。

▶︎Alphabet
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Uber、サンディエゴ市内でのドローンデリバリーサービス許可取得へ

サンディエゴのフードサービスをUber側からの許可申請により、米国におけるラストワンマイルのドローン配達サービスが今話題となっている。Uberは、人間を輸送するためのパッセンジャー... 続きを読む

ソフトバンク子会社HAPSMobileが、Loonに1億2,500万米ドルを出資

ソフトバンクの子会社HAPSMobileが、Alphabetの子会社「Loon」に高高度通信ネットワークの展開に向け1億2,500万米ドルを出資し、戦略的関係の構築について、この4... 続きを読む

Uber、ドローンでのフードデリバリーサービスのスタッフ募集中

Uberは自社ドローンチームに加えるべく、FAA(米国連邦航空局)ライセンスを取得済みのパイロットを募集している。募集要項によれば、主にドローンを使ったフードデリバリー業務に関係す... 続きを読む

Alphabet「Wing」、フィンランドで10分間のドローン配達トライアルを実施

Alphabet(Google)傘下の独立ビジネスとして再スタートを切ったドローン配達サービスであるWingが、来年フィンランドでトライアルサービスを開始すると発表した。2019年... 続きを読む

LoonとWing、Google Xから独立

Google Xの下でスタートした際には「正気の沙汰ではない」プロジェクトだとみなされていたLoonとWingだが、今では状況が全く異なっている。惜しみない努力、そして繰り返し行わ... 続きを読む