会議はドローンとともに。Google社の最新特許技術とは会議用ドローン?!

2016-08-26 掲載

ドローンという機材が開発されて一番イノベーティブだと思われるのは、やはりテレプレゼンス(遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術)が実現し得るということであろう。Googleは、ドローン技術を用いて様々な製品のアイディアを出していたが、今回同社が特許を得た技術は、遠隔での会議を行うために開発されたドローンの技術だ。ドローンそのものはシンプルなクアッドコプターだが、他のドローンと違うのは、巨大なスクリーンが前につるされているということだ。そのスクリーンと、いくつか搭載されているカメラと音響機材が、テレプレゼンスを実現させる。そう会議用ドローンがまもなく現るかもしれない!

G_D_3

このドローンは、対地にいる人が操作できるようになっており、ドローンそのものだけでなくスクリーンの向きも動かすことが可能だ。他の多くのドローンが一般的に高機能カメラを搭載しているのに比べ、こちらはあくまで会議中に必要な精度のものしかなく、会議中に別のものを写したり、外に飛ばして映像を送るといったことはできなさそうだ。

ではなぜ、わざわざドローンでテレプレゼンスを実現しようとしたのか。ドローンであれば、他の遠隔会議システムにくらべ階段や部屋を行き来し、人の目線に合わせて動くことが可能だ。また、上を飛ぶことができることで、紙の資料を使う場合も見やすくなる。

G_D_1

今回のこのドローンの特許には、スクリーンだけでなく、スマートフォンに対地を写すといった可能性も記されている。スマートフォンの重さに耐えるための技術も別途で必要になりそうだが、スマートフォンで実現できれば、オーディオ機器とネットワーク等をドローンそのものに搭載する必要がなくなる。そうすれば、バッテリーが長持ちする他に、購入価格も大幅に下がることが期待できる。この技術は非常に一般的に広まりやすくなる。会社の会議だけでなく、家族や友達とのコミュニケーションに用いられるかもしれない。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Alphabet「Wing」、フィンランドで10分間のドローン配達トライアルを実施

Alphabet(Google)傘下の独立ビジネスとして再スタートを切ったドローン配達サービスであるWingが、来年フィンランドでトライアルサービスを開始すると発表した。2019年... 続きを読む

LoonとWing、Google Xから独立

Google Xの下でスタートした際には「正気の沙汰ではない」プロジェクトだとみなされていたLoonとWingだが、今では状況が全く異なっている。惜しみない努力、そして繰り返し行わ... 続きを読む

Googleの親会社が太陽光発電ドローンプロジェクト中止へ

Googleの親会社であるAlphabetは世界中の遠隔地でインターネットアクセスを可能にするために設計された太陽光発電ドローンプログラム「Titan」を中止させるようだ。 ... 続きを読む

Googleの親会社Alphabet、宅配ドローンを試験的にスタート

Google Project Wing drone delivery projectGoogle FAAアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Admini... 続きを読む

ドローンは命を救えるか。Google発救命ドローンの仕組みとは。 

もし、あなたが公園にいて、急に人が心臓発作で倒れたらあなたはどうするだろうか。恐らく119番通報する、というのが大多数であろうが、救急車が到着する頃にはもう手遅れ、といったケースも... 続きを読む