DRONE

DJI、手持ち型ジンバルカメラにズームレンズを一体化した「Osmo+」を発表

DJI、手持ち型ジンバルカメラにズームレンズを一体化した「Osmo+」を発表

DJIは、手持ち型ジンバルカメラOsmoに、Zenmuse X3ズームカメラを搭載した「Osmo+(オズモプラス)」を発表した。販売価格はOsmo+(ハンドル+Zenmuse X3ズームカメラ)は71,400円、Zenmuse X3ズームカメラのみは税抜54,900円。すでに予約開始しており、出荷は9月中旬を予定しているという。

Osmo+は、アプリの画面上でカメラ移動の始点と終点をマークして、スタートをタップすることで時間の経過の撮影が容易に行える、モーションタイムラプス機能が搭載されている。Osmoに搭載されているカメラ安定化技術を採用し、ライブストリーミングや映画撮影など、アクティブな状況でもカメラを常に水平に保つことが可能だ。

160826_SHOT-01-03681

4K/30fpsと1080p/100fpsのスローモーション動画撮影も行え、一体型のFlexiMicで音声録音性能も向上しているという。また、12メガピクセルの静止画をAdobe DNG RAWで撮影が行える。光学3.5倍ズームとロスレスデジタル2倍ズームを組み合わせ、22mm~77mmの焦点距離に対応している。1080pでの撮影時には、HD品質を損なうことなく7倍ズームが可能となっている。

さらに、Osmo+はDJI GOアプリと互換性があるため、三脚、バイクマウント、延長ロッドを含むマウントツールと拡張ツールの利用も可能だ。DJIシニアプロダクトマネジャーのポール・パン氏は次のようにコメントしている。

パン氏:Osmo手持ち型カメラで撮影できる鮮明でシャープかつ微細な映像に心を奪われたクリエイターに、Osmo+が新しい最先端機能をお届けします。動きながらの自撮りや、細部まで鮮明なパノラマ写真、モーションタイムラプスまで、新しいOsmo+のズーム機能は、手持ち型カメラによる撮影の可能性を想像以上のレベルに引き上げてます。

djimini3pro
Return Top