クボタ、農業用ドローン市場へ参入。PRODRONEと丸山製作所が協業

2016-08-30 掲載
農業用ドローン試作機の利用の様子

株式会社クボタは、農業の効率化・精密化を求める担い手農家支援の一環として、農業害虫の駆除や病害予防等を目的とした農業用ドローンを開発し、市場へ参入する。

開発の背景

農業害虫の駆除や病害の予防を目的とした防除作業は、小中規模農家向けには背負式等の動力散布が主流で、続いて乗用式防除機が普及している。比較的大規模農家向けには、無人ヘリなど空から薬剤を散布する方式も利用されている。

近年、担い手農家の増加により農業の大規模化が進み、農業の効率化・精密化が求められている。陸上での防除に加え、空中からの防除も進むことが期待されている中、今回新たに空中用として、ドローンを開発し、ラインナップに加えることで、小規模農家や拡大する担い手農家に対して防除作業の効率化に貢献するとしている。

開発コンセプト

同社が、商品全体の企画、試作評価、外観デザインを行い、株式会社プロドローンがドローン本体の設計・試作、株式会社丸山製作所が散布機の設計・試作をし、クボタブランドのドローン開発・実用化を目指し、ユーザーの防除作業の軽労化、低コスト化、高効率化、安全へのニーズに対応していくとしている。農薬(液剤)散布機として開発し、粒剤及び鉄コーティング種子散布対応機も順次開発を進めている。

今後について

2017年夏にはモニター販売を実施し、ユーザーニーズを取り込み本格販売する予定だ。今後は、ドローン単体としての価値の提供だけでなく、農薬散布以外にも多用途で活用できるドローンを開発していく。

クボタの営農支援サービス「クボタ・スマート・アグリシステム(KSAS)」とドローンとの連動により、圃場毎の散布計画の作成、散布履歴の確認、リモートセンシング技術による植生診断(葉色判定)や区画ごとの作業アプローチを提案していくという。

▶︎Kubota

関連する記事

PRODRONE、災害時などにドローンでの情報収集に関する覚書を締結

左より、株式会社プロドローン 河野雅一代表取締役社長、天白警察署 後藤里志署長 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)と愛知県名古屋市天白警察署は、災害発生時に被... 続きを読む

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む

「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

実験に使用されたPRODRONE製ドローン 国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODR... 続きを読む