Intel、ソフトウェア開発者向けドローン「Aero」を発表!

2016-09-05 掲載

Intelは現在、ドローンの可能性に注目している。インテルデベロッパーフォーラム(IDF)ではドローン業界のリーダーたちを集めたパネルディスカッションのホストをIntelが務めた。パネルリストにはAirbusのRonnie Gnecco氏、FAAのEarl Lawrence氏、Yuneec USAのShan Phillips氏、AT&TのArt Preglerらが参加した。彼らはIntelのドローン専門家Anil Nanduri氏とNatalie Cheung氏によって集められ、ドローン技術とドローン開発の新たな可能性について議論を行った。

同社は、新たなUAV向けのプラットフォーム(Intel Aero Platform)の予約もすでに開始している。同UAV開発キットはIntel Atomクアッドコアプロセッサーを動力にしている。それにより、計算、ストレージ、コミュニケーション、柔軟なI/Oをまとめることが可能となった。オプションのビジョンアクセサリーキットと組み合わせれば、より高度なドローンアプリケーションの開発も可能となる。同社の新たなドローン「Aero Ready To Fly Drone」はIntel RealSenseを使用し、コンピューターボードを搭載して組み立てられたクアッドコプターだ。

また、Aero Ready To Fly Droneはいくつかのオプションを持っており、Dronecodeのソフトウェアにも対応している。エアロコンピュートボードは$399で現在入手可能で、Aero Ready To Fly Droneは年末には発売されるようだ。

さらに、YuneecのTyphoon HにもIntelのRealSenseが搭載されている。これによって単に障害物を避けられるようになるだけでなく、障害物を避けるコースをいくつか表示してくれるようになった。Intel RealSenseが搭載されたTyphoon Hは$1,899で現在入手できる。

Intel
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Airbus、Skywaysによる岸から船までの配達の試み

Airbus社が配送様ドローンSkywaysを用いて、岸から船までの配達実証実験をシンガポールで行った。この試みは、小型で急を要する船舶の様々な必需品を、停泊所で稼働している船に届... 続きを読む

Uber、ドローンでのフードデリバリーサービスのスタッフ募集中

Uberは自社ドローンチームに加えるべく、FAA(米国連邦航空局)ライセンスを取得済みのパイロットを募集している。募集要項によれば、主にドローンを使ったフードデリバリー業務に関係す... 続きを読む

Intel、ドローンでニューヨークの風物詩The rockettes christmas spectacular 2018に参加

マディソン・スクエア・ガーデン・カンパニーは、年末の風物詩Chase社提供のthe rockettes christmas spectacular 2018のクリエイティブチームに... 続きを読む

Yuneec、Mantis Qお披露目へ。復活の狼煙をあげられるのか?[InterDrone2018]

中国のドローンメーカーYuneecはコンシューマ市場向けの最新モデルをひっそりと発表した。スペックに目を通しての第一印象は、この小さなドローンがMavic AirやParrot A... 続きを読む

インターナショナルSOS、ドローン物資輸送システムに関する覚書をAirbusと締結

(左)Airbus Defence and Space CEO Dirk Hoke氏(右)インターナショナルSOSのCEO アーノルド・ヴェシエ氏 医療と渡航安全の統合ソリュ... 続きを読む