DRONE

プロドローン、天井面・垂直壁面両方の検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を発表

プロドローン、天井面・垂直壁面両方の検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を発表

株式会社プロドローン(PRODRONE)は、水平面・垂直面両方の壁面検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を発表した。

PD6-CI-Lは、2016年9月7日から9日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン見本市「InterDrone2016」の同社ブースにおいて参考展示される。

社会インフラ検査市場において、橋梁検査で使用されるドローンの殆どは、空中にホバリングしながら対象物の検査を行うことを主眼に開発されているが、橋梁検査においては強烈な突風が吹くなど、従来の空中でのホバリングでは十分な検査が行えない事も多かった。

同社は、これまでのホバリング検査ではなく、負圧を利用し検査対象物に直接張り付きながら天井面を自走し、安定した橋梁検査が行える「PD4-CI」を2016年4月に発表している。

160902_pd6-ci-l-07

新たに開発されたPD6-CI-Lは、これまでの天井面(水平面)の検査に加え、同じ機体で壁面(垂直面)の張り付き検査もで行えるという。これにより橋梁検査のみならず、一般建築物の壁面検査等にも幅広く使用することが可能となった。

仕様
モーター軸間距離 600mm(浮上用)
418mm(前面)
最大ペイロード 2kg
機体重量 6kg
最大速度 5km/h(検査時の自走速度)
20km/h(飛行時)
全高 720mm
飛行可能風速 5m/s(張り付き検査時を除く)
プロペラ直径 15inch
飛行時間 10min
バッテリー 22.2v/6000mAh x2
飛行可能気圧高度 3000m
その他 張り付き検査時自走用車輪×6
▶︎PRODRONE
Return Top