YI Technology、トライコプター「Erida」で低価格ドローン市場を狙う[InterDrone2016]

2016-09-22 掲載

年末のホリデーシーズンに向け世界中のドローンメーカーがポジショニングを整える中で、中国のメーカーYI Technologyが新たな長期戦を仕掛けているようだ。

YI Technologyは、昨今のドローン市場で主流となりつつある戦法をとっている。その戦法とは“発表の発表を行う”というもの。同社は8月に「9月中に新たな発表があるだろう」と発表した。そしてこの2回目の発表で、初めてローンチするドローン「Erida」がInterDroneで発表された。

160921_unmanned_top

同社は中国国内ですでにGoProに並ぶ品質のアクションカメラを、GoProよりも圧倒的に低いランニングコストや予算で生産しており、初めてのドローンに期待がかかる。同社の知名度はまだ世界的とは言えないものの、すでに同カメラは小米のドローンに搭載予定だ。

160921_fig1

YI Technologyは1回目の発表で、新ドローンの仕様と数枚の画像という最低限の発表を行った。Eridaはユニークなトライコプターデザインとなっており、最大時速120km、そして100%カーボンファイバー製だという。YI TechnologyのCEOで共同創設者のSean Da氏は次のようにコメントしている。

Da氏:YI Eridaのローンチを持ってして、現在のドローン購入における3つのバリアを同時に解決する。その3つのバリアとは、不必要に複雑なプロダクト、消費者のアクセシビリティの欠如、そして短い飛行時間だ。他のYIプロダクトと同様に、YI Eridaは優れたテクノロジーを割安に、そしてシンプルなオペレーティングシステムに載せて提供している。我々のドローンは航空学や画像解析における長年の経験の集大成であり、現在の市場のリーダーのプロダクトの欠点を補い、市場のスタンダードを超越するドローンとなっている。

競合にとって気になるであろうEridaの飛行時間は、テスト飛行時に40分を越えたとされている。これはParrotのドローン「DISCO」並みに、現在出回っているドローンに比べると大幅な改善だという。

Eridaには、同社のYI 4K Action Cameraも搭載される予定で、近々より詳しい発表があることが期待される。現在あるEridaの情報が本当ならば、市場の平均より格段に低い価格で優れたドローンを手に入れることができることになる。

ちなみにカメラに強い同社は、Photokina2016のドローンエリアで新しくマイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラを発表した。その場にはトライコプター「Erida」の姿は無かったのが印象的だった…。

YI Technology

関連する記事

商用、軍用、海上、陸上まで幅広く無人機をカバーする展示会5年目の動向は?[InterDrone2019]

毎年9月になるとドローン関係者が一堂に会す展示会がInterDroneである。そんなInterDroneも早5年目を迎えた。今年も9月3日から6日までラスベガス・リオ・ホテルにて開... 続きを読む

Yuneec、Mantis Qお披露目へ。復活の狼煙をあげられるのか?[InterDrone2018]

中国のドローンメーカーYuneecはコンシューマ市場向けの最新モデルをひっそりと発表した。スペックに目を通しての第一印象は、この小さなドローンがMavic AirやParrot A... 続きを読む

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む