DRONE

関西大学、産官学連携プロジェクトの集大成「360°frontier」特設展を開催

関西大学、産官学連携プロジェクトの集大成「360°frontier」特設展を開催

関西大学総合情報学部は、高槻市や企業との産官学連携プロジェクト「360°frontier」の集大成として、グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルにて、10月1日(土)~31日(月)に、これまでに制作・発表した作品の展示とワークショップを開催する(ワークショップは15日、16日)。

360°frontierは、同学創立130周年記念事業の一環として、高槻キャンパスに拠点を置く同校が主体となり、高槻市および企業と行ってきた産官学連携プロジェクト。総合情報学部の情報技術と映像コンテンツ制作の専門性を生かし、ドローンと全方位カメラを用いて360°映像作品を制作・公開する。

同イベントでは、本年9月1日に撮影した高槻市の「今城塚古墳」の空撮映像や「摂津峡公園」の桜や紅葉「こいのぼりフェスタ」を上空から眺望可能な映像作品、世界最高峰のメディアアート祭典「アルスエレクトロニカ・フェスティバル2015(オーストリア)」に出展した体験型作品など、2年間の活動成果を展示する。

会期中の10月15日(土)および16日(日)は、特設展としてドーム型スクリーンに投影された高精細映像を体験できる作品が展示される。また、ワークショップ(参加無料)では360°映像をVRで見るためのオリジナル・ビューワーを作成する「ハコスコ・デザインワークショップ」や、総合情報学部の取り組みを作品を通して体感いただく「360°frontierツアー」を開催する。

■概要

場所:グランフロント大阪北館2階アクティブ・スタジオほか(大阪市北区大深町3-1)

日時:
【常設展】10月1日(土)~31日(月)10:00~21:00
【特設展】【ワークショップ】10月15日(土)、16日(日)10:00~18:00
※ワークショップは両日とも3回実施(11:30~、13:30~、15:30~)

入館料:無料

詳細:【ワークショップ】
各回定員15名(対象: 中学生以上)、事前申込優先、当日申込可、参加無料

事前申込:
同イベントサイトまで(10月5日締切)。
■「氏名、電話番号、メールアドレス、希望日時」を記入の上f360@ml.kandai.jpまでメール送信
※当日申込:10:00より2階アクティブ・スタジオにて受付

djimini3pro
Return Top