Position PartnersとPropeller Aero、RPASシステムバンドル提供のパートナーシップを結ぶ [InterDrone2016]

2016-10-07 掲載

Position PartnersとPropeller Aeroは遠隔操縦航空機システム(RPAS)バンドルを提供するためパートナーシップを結んだ。同RPASバンドルは、センチメートルレベルの正確さで、ユーザーにとって使いやすいワークフローになっている。

161004_top_2_rpas-bundles-game-changer850-x-400

同バンドルは調査に使う目的で特別にデザインされ、DJIドローンとPropeller Aeroのクラウド型データプラットフォーム、AeroPointsのグラウンドコントロールシステムが統合されている。Position PartnersのナショナルRPASマネージャーGavin Docherty氏は次のようにコメントしている。

Docherty氏:我々はこのような包括的でユニークなRPASバンドルを提供できて嬉しい。このバンドルは航空マッピング技術により調査のグレードを正確にしてくれる。

顧客はPhantom 4かM100ハイパフォーマンスクアッドコプターを選択可能となっている。これらのドローンは長時間のフライトが行え、安全性の高い衝突回避とインフライトを提供するとしている。Docherty氏によると、AeroPointsのグラウンドコントロールシステムは特別なMGA(Map Grid of Australia) を使っており、GNSS、PPK、ソーラーパネル技術が搭載されているという。Propeller Aeroの共同創設者Rory San Miguel氏も新しいパートナーシップについて次のようにコメントしている。

Miguel氏:AeroPointさえあれば、スプレーペイントでマーキングすることや探索機を使うこともなくなる。AeroPointを設置し、ボタンを押して、ドローンを飛ばすだけでいい。Position Partnersのような主要なRPASソリューション・プロバイダーとのコラボレーションを通して我々の先進的なクラウドソフトウェアと新しいAeroPointsシステムを市場に持ってくることは素晴らしい。我々はこのバンドルを通して手頃で使いやすい正確な調査グレードを提供できて嬉しいです。

▶︎Propeller Aero

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む