DJI、性能を向上させた大型ドローン「Matrice 600 Pro」を発表

2016-11-15 掲載

DJIは、大型ドローンの新製品として「Matrice 600 Pro」を発表。Matrice 600 Proは、優れた飛行性能と高性能バッテリー充電システムを実現。積載量も拡大し、プロフェッショナルレベルの空撮や産業用途に適しているという。

161114_dji_a3pro フライトコントローラー「A3 Pro」

フライトコントローラーの「A3 Pro」は、三重に冗長化されたモジュールと診断アルゴリズムを採用しており、3組のGNSSユニットから送られるセンサーデータをフライトコントローラーで比較検証することで、全体の安全性を高めながら、正確な飛行制御を強化。また、新たに防振ボールがフライトコントローラーのIMUモジュールと、主要なコントローラーに追加されたことで、揺れの吸収やノイズの低減が改良された。

A3 Proは、D-RTK GNSSと互換性があるため、磁気干渉に耐性があり、センチメートル単位での精度が得られる。DJIのシニアプロダクトマネージャー Aaron Zhao氏は次のようにコメントしている。

Zhao氏:M600 Proは、空撮のプロカメラマンや業務用ユーザー向けの、DJIの最も進化したプラットフォームです。 M600 Proは、シンプルで組み立てが容易であること、3重の冗長化システムにより安定性がより進化したことで、プロフェッショナルユーザーに比類なき空撮体験をもたらします。

DJIのE2000 Pro推進システムは防塵仕様のため、メンテナンスが容易となり、モーター自体が冷却する設計になっているため、操縦が長時間に及んでも高い信頼性を実現するという。

M600 Proは、DJIのZenmuseカメラとジンバルシリーズ、Ronin-MX、DJI Focusと互換性がある。積載量も6kgまで対応しているため、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでのカメラに対応。M600 Proには、アームやアンテナがあらかじめ取り付けられており、折りたたむと標準のM600よりも小型となる。

161114_dji_040

また、6個のインテリジェント・フライトバッテリーを同時に充電可能なバッテリー充電ハブが同梱されている。

▶︎Matrice 600 Pro 
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、ジンバルRONIN-S後継機種登場か?

どうやらDJIは、7月17日朝9時(米国東部標準時)にRONINの新型をリリースするようだ。「RONIN S」の新型ではないかとみられる。すでにDJIのWebでも「Lighter ... 続きを読む

セキド、DJI製ドローンでユーザーが撮影した作品を集めたフォトブックを公開

株式会社セキドは、2019年5月に実施したDJI製ドローンで撮影した空撮写真コンテストの受賞作品・応募作品をまとめたフォトブック「DJIドローンで撮る撮影コンテストフォトブックVo... 続きを読む

[Reviews]予想を超えるおもしろさ!RoboMaster S1は学び中毒に注意!! [基礎検証編]

空飛ぶロボット「ドローン」メーカーDJIから登場した飛ばないロボットRoboMaster S1。レビュー機をお預かりしてしばらくいじったのですが、これは知的探究⼼をくすぐる最⾼のマ... 続きを読む

ドローン空撮もアナモルフィックレンズで。DJI Mavic 2 用に「Moment Air」シリーズ登場

ドローン空撮でアナモルフィックレンズ使いたい! Momentは、 iPhone用のレンズ、ケース、カメラストラップでおなじみのメーカーだ。最近もモバイル・アナモルフィックレン... 続きを読む

ニワカソフト、RoboMaster委員会と日本地区戦開催に向け業務提携。RoboMaster日本委員会設立

RoboMaster委員会×ニワカソフト株式会社 ニワカソフト株式会社(以下:ニワカソフト)は、DJIが運営するRoboMaster委員会(中国・深圳市)と2019年6月26日に... 続きを読む