DRONE

DJI、5.2KやRAW/ProRes対応の「Inspire 2」を発表 [Inter BEE 2016]

DJI、5.2KやRAW/ProRes対応の「Inspire 2」を発表 [Inter BEE 2016]

DJIは、5.2KやRAW/ProResに対応した「Inspire 2」の予約販売を2016年11月16日より開始した。出荷開始は2016年12月~2017年1月頃を予定している。

Inspire 2:税込361,000円
Inspire 2 Combo:税込741,000円
Inspire 2 Combo期間限定価格:税込719,000円
Zenmuse X4S:税込71,200円
Zenmuse X5S:税込225,600円

Inspire 2はマグネシウム・アルミニウム合金の機体で、最高時速108km、4秒で時速80kmまで加速する。新しいデュアル・バッテリー・システムを採用し、最大飛行時間27分を実現。機体の前方に取り付けられたカメラは、パイロットにマスター送信機を操作するフライトビューを提供する一方で、カメラオペレーターは、ジンバルに取り付けられたZenmuseカメラからの映像を受信する。Inspire 2はZenmuse X4SとX5Sカメラに対応し、それ以外にも対応するカメラが今後追加される予定だ。

画像処理システムのCineCore 2.0が機体に組み込まれているため、大容量ファイルを処理することが可能。Cinema DNG RAW向け5.2K映像を4.2Gbpsで撮影し、新たに設計されたCINESSDストレージに記録することで、スムーズなワークフローをサポートするとしている。CineCore 2.0は、Cinema DNG、Apple ProRes 422 HQ(5.2K、4K)、ProRes 4444XQ(4K)、H.264、H.265を含むさまざまな映像圧縮フォーマットに対応。また、H.264とH.265で4K映像を録画する際のビットレートは最大100Mbps。

別売の高度飛行用プロペラを使用することで、Inspire 2の運用限界高度の海抜5,000mまで上昇することが可能。温度が-20℃以下になると、自己発熱型のデュアル・バッテリー・システムが作動する。最適化されたモードにより、放送規格である1080/50i/720p60にも対応。また、強化されたLightbridgeにより、HDMIにおけるビデオ伝送が可能。

161116_inspire-2-infrared-sensors-obstacle-avoidance

デュアル・バッテリー・システムの採用により、飛行中1つのバッテリーが機能しない場合、もう1つのバッテリーが電力を供給し、帰還する。障害物を検知するため、Inspire 2の前部と下部にステレオ・ビジョン・センサーを搭載。再設計された推進システムにより、Inspire 2の安全な飛行と優れた垂直移動を実現。毎秒7mで上昇し、毎秒9mで下降します。また慣性測定装(IMU)、気圧計、ESC通信、および衛星ナビゲーションモジュールが冗長化された。

Inspire 2のインテリジェント・フライト・モードは、DJIのコンピューター・ビジョン・テクノロジーを拡張し、安全な飛行を実現。Spotlight Proモードでは、機体を飛行させながら、カメラが被写体をロックする。ジンバルが360°以上回転すると、機体が自動で回転し、360°以上回転するカメラワークに対応。TapFly(タップフライ)モードでは、機体前方に取り付けられたカメラを活用することで、Inspire 2を障害物から回避させながら、ディスプレイ上でタップした地点に向かって飛行が行える。

ActiveTrack(アクティブトラック)は、前方の障害物検知システムが人や車、動物といった一般的な被写体を認識して機体を安全に保つことが可能。前方を飛行しながら、Inspire 2が被写体を追尾したり、被写体の前方を飛行、上空を旋回、並走が可能。

さらに同社は、交換可能なZenmuseカメラシリーズ「Zenmuse X4S」と「Zenmuse X5S」も予約販売を開始した。Zenmuse X4Sは2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、ダイナミックレンジは11.6ストップ。レンズの焦点距離は24mm。F値がf2.8-11に対応し、メカニカルシャッターは、画像の歪みを回避する。Zenmuse X5Sは、2,080万画素の大型マイクロフォーサーズセンサーを搭載し、ダイナミックレンジは12.8ストップ。Zenmuse X5Sカメラは広角からズームまで8種類のレンズに対応。また、DNG RAW(20.8MP)で毎秒20枚のバースト撮影も行える。

DJI Focus、バッテリー充電ステーション、DJI CINESSDやそのほかの別売アクセサリーも使用可能。別売の DJI Crystalsky高輝度IPSモニターにはディスプレイが搭載されている。5.5インチと7.85インチのサイズのディスプレイがあり、最高輝度はそれぞれ1000cd/m2と2000cd/m2。専用システムにより映像伝送の遅延も減少。ディスプレイにデュアルSDカードスロットを内蔵しているため、映像のバックアップが容易で、ファイルの転送や再生にも使用可能だ。

▶︎Inspire 2
Return Top