IHI、南相馬市を拠点にドローンを開発。機体開発にPRODRONEが協力

2016-11-25 掲載
開発イメージ図

IHIは、福島県南相馬市を拠点にして、2018年度までに研究開発費約4億円を投じ、2019年の実用化を目指しドローンを開発する。開発支援は、産業用ドローンメーカー株式会社プロドローンが行う。新型ドローンにはガソリンエンジンを採用し、2つの回転翼を備え、大きさは高さ1.8メートル、横2.2メートル、縦1.5メートル。

目的地まで自動運航し、物資を積み降ろす際は小型カメラで場所を確認して遠隔操作する。水や食料、衣料品などの救援物資を、長時間にわたり運搬できる性能を計画。主に災害で道路が寸断されて孤立した地域などへの見込でいる。地方自治体や消防当局などの需要を想定しているという。

▶︎IHI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

PRODRONE、災害時などにドローンでの情報収集に関する覚書を締結

左より、株式会社プロドローン 河野雅一代表取締役社長、天白警察署 後藤里志署長 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)と愛知県名古屋市天白警察署は、災害発生時に被... 続きを読む

IHI、ドローンから自動運転モビリティへの荷物の無人受け渡しを国内初実現

IHI 運搬機械株式会社(以下:IHI)とブルーイノベーション株式会社(以下:ブルーイノベーション)はドローンから自動運転モビリティへの荷物受け渡しを完全無人化するドローン着陸ポー... 続きを読む

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む