追跡型ドローン、Skye Intelligence Technologyの「Orbit」[InterDrone2016]

2016-11-29 掲載

Skye Intelligence Technologyの新型ドローン「Orbit」に注目が集まっている。

Orbitの一番のセールスポイントは何と言っても正確な自動追跡機能だ。現在市場に出回っている同機能を持つドローンはGPSリストバンドを使用するのに対し、Orbitは、スマートフォンなどのモバイルデバイスでそれを可能にした。この魅力的な位置機能に加え、1回の飛行時間は28分で、Facebookのライブストリームを含むソーシャルメディアサイトとのシームレスなインターフェースを構築している。 現時点の小売価格は899ドルから1099ドル予定だ。では、Orbitの詳細を順番に見ていこう。

ハンズフリーオートフォロー機能

Orbitは、地球航行衛星システム(GNSS)、同期GPS画像追跡(SGIT)、および自動光学式ピクセル追跡(Computer Vision)の3つの素晴らしい追跡技術を有しており、この技術がOrbitを世界一正確な追跡ができるUAVたらしめてる。

スマートなデザイン

未来的な外見のOrbitだが、その形状は空気力学的に最適化を図るために楕円形の軽量ボディに設計されている。また地上から認識しやすいよう、上下に鮮やかな青いリングライトが組み込まれている。そして、構造的に見てもその品質は非常に高いといえる。カーボンファイバー製の翼支柱、最新の複合材料、抵抗を軽減し俊敏性を向上させる曲線上のランディングギアがそれを物語っている。

HD画像と動画

ノーズ部に搭載されている16メガピクセルのジンバルレンズは高画質の静止画を撮影し、1080pカメラは200mの高さから最高33mphのスピードでHD画像をストリーミングできる。また、合理的な構造のおかげで約28分間の飛行が可能である。

161128_skye-1_top
スペック
解像度:8M~16Mピクセル(4608×3456)
iSOレンジ:100~1600
フライトの高さ:Skye+ appで50m、リモコンで200m
飛行速度:Skye+ appで22mph、リモコンで33mph
飛行時間:約28分
ビデオ録画モード:1080p 30/60fps
オートフォローシステム、フライトコントロールシステム、統合トラッキングシステム:いずれも特許取得済み
重量(バッテリー含む):2.8ポンド
外形寸法:15.7×18.5×4.7インチ
ホバリング精度:縦1.6フィート、横1フィート
速度:水平39.4フィート/秒以下 垂直16.4フィート/秒、角度180°/秒
傾斜角度:最大25°
バッテリー:5100mAhリチウムイオンバッテリー
▶︎Skye Intelligence Technology

関連する記事

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI基調講演で見せた産業分野への関わりとデータの重要性 [InterDrone2018]Vol.02

DJIが今取り組んでいることを詳細に解説 メインボールルームで行われた基調講演では、DJIからロメオ・ダーシャー氏が昨年甚大な被害が発生した北カリフォルニア山火事の事案を... 続きを読む