JDRA、日本初の夜間ドローンレースをハウステンボスで開催

2016-12-01 掲載

一般社団法人日本ドローンレース協会とハウステンボス株式会社は、日本初の夜間ドローンレース「ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス」を2017年2月に開催する。

同レースは、2016年12月11日(日)に日本ドローンレース協会(JDRA)が主催する「全国ドローンレース選手権」における上位入賞者を完全招待し、ハウステンボス内のLEDイルミネーションのコースで行われる。夜間のLEDコースで開催されるドローンレースとしては日本初となり「観光都市×ドローン」という、ドローンの可能性を追求をするとともに、新たなエンターテインメントを提供する。

161201_htb_3

ドローンレースとは、時速150kmを超えるドローンがコースを駆け巡り、ヘッドマウントディスプレイ(FPVゴーグル)を装着したパイロットがスピードを競う新しいスポーツ。ドローンが生み出すエキサイティングな近未来型エンターテインメントだ。ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボスでは空撮用カメラを搭載したドローンを用いて、ハウステンボス内のアトラクション・エリアの空撮する。映像の加工編集を行い、空撮動画のコンテストを開催し、優秀作品は、ハウステンボスのプロモーション動画やCMでの採用が検討される。開催の詳細は以下の通り。

開催概要
大会名:Japan Drone Championship in HUIS TEN BOSCH
主催:ハウステンボス株式会社、一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
日時:2017年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
場所:ハウステンボス(長崎県佐世市)
内容:
  • 全国ドローンレース選手権上位入賞者を招待したFPVレーシング
  • 目視飛行レーシング
  • LEDイルミネーション空撮コンテスト
参加対象:FPVレーシング、目視飛行レーシング、空撮コンテストはそれぞれ一般参加が可能。エントリーについては、JDRA公式HP参加者用エントリーページにて告知します。
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ドローン検定協会とドローンレース協会が協力し、ドローンレーサーのライセンスを発行

一般社団法人ドローンレース協会(以下:JDRA)とドローン検定協会株式会社が協力し、ドローンレースの国内標準化を推進していくことを発表した。 ドローンレースの普及には... 続きを読む

JDRA、「JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP No.14 in 西伊豆ときわや」を開催

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、2018年11月17日に静岡県沼津市戸田(へだ)にある、西伊豆・戸田温泉「ときわや」にてマイクロドローンレース「JDRA TINY... 続きを読む

JDRA、「JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯in北海道」を開始

一般社団法人日本ドローンレース協会(以下:JDRA)は、2018年7月28日(土)に主催の株式会社チュプチニカの特設ドローンフィールドにて、ドローンレースを開催する。広大な敷地を利... 続きを読む

日本初プロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」、中国プロフェッショナルドローンリーグ「Drone GP」への参戦が決定

DRONE SPORTS株式会社が運営する、日本初のプロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」(以下:RAIDEN)は、技速体育文化発展有限公司が運営する... 続きを読む

日本ドローンレース協会、マイクロドローンレースを標準化。開催希望者を一般公募開始

一般社団法人日本ドローンレース協会(以下JDRA)は、ドローンレースの日本全国開催を目指し、各都道府県における開催希望者を募集する。JDRAが策定する公式ルールブック、マニュアルを... 続きを読む