Mercedes-BenzとMatternet、デリバリードローンを発表

2016-12-05 掲載

Mercedes-Benz VansとドローンスタートアップMatternetが「Vision Van」と名付けられた、短い距離での荷物の配送を劇的に変えうるコンセプトカーを発表した。Vision VanのルーフはMatternetの新型ドローン「Matternet M2」の離着陸パッドとなっている。

Matternet M2は自律飛行が行え、一度の充電で約2kgの積載量でも最長約20km飛行可能なほか、自動で荷物や電池の交換が行えるようにデザインされている。Mercedes-Benz Vansに搭載されているクラウドシステムと連携することで、ソフトウェア制御された車内のロボットシステムにより、荷物を自動でドローンに積むことが可能となる。

161205_fig2

Matternetは、いかなる荷物でも保護できるケースもデザインしている。また配達の際、ドローンが荷物の中身や目的地についての情報を自動で受信する。Matternet M2ドローンやVision Vanを使用するロジスティクス会社にとって、このようなデータが配達の証明書となり、配達の瞬間にユーザーへの通知が可能となる。MatternetのCEO Andreas Raptopoulos氏は次のようにコメントしている。

Raptopoulos氏:こうした話は全てサイエンスフィクションのように聞こえるが、法が許しさせすればこのドローン技術はいつでも稼働することができる。

Vision Vanを使用することで渋滞や、安全な道がない災害地、地方であっても、荷物をMatternet M2ドローンに載せ届けることが可能となる。また、ドローンが出荷センターや倉庫から車へと荷物を運び、そこからドライバーが直接受取人の玄関まで運ぶことも可能だ。

Mercedes-Benzはラグジュアリーカーやスポーツカーで知られているが、Mercedes-Benz Vansは同社の公式発表によると、2015年に321,000台の車を販売しており、中でも旅行やロジスティクス向けのSprinter、Marco Polo、Vito(アメリカではMetrisと呼ばれている)、そしてCitanなどといった車種が人気だ。

プレスリリースによると、Mercedes-BenzはMatternetに投資をしているが、金額は明らかになっていない。SECの情報では、Matternetはこれまでに目標額1150万ドルのうち950万ドル(約10億円)の調達に成功しているという。なおMatternet CEOのAndreas Raptopoulos氏は投資額についてのコメントは控えている。同社は今年始めに、マラウイ共和国でのHIVテストのため、UNICEF向けに血液サンプルを運ぶ自律飛行システムを開発している。同活動により、2014年にはHIV関連の病気で1万人の子供が亡くなっている同国に向けた支援の加速が可能となる。

▶︎Mercedes-Benz Vans

関連する記事

JALとMatternet、ドローン医療物流に関する業務提携締結

日本航空株式会社(以下:JAL)とMatternet社は、Matternet社が開発するドローン「M2」を用いた医療物資輸送分野における新規事業創出などを目的として、日本での市場調... 続きを読む

UPS、リタイアメントコミュニティーへドローン配送開始

UPS子会社のUPS Flight Forward (以下:UPSFF)とCVS Health Corporationは、ドローンを使用して、13万5000人以上の住民が住む米国最... 続きを読む

Matternet、独特なデザインのMatternet Docking Stationを発表

Matternet Docking Stationが発表される ドローン物流プラットフォーム開発のMatternet社が、新たなMatternet Stationを発表した。... 続きを読む

UPS、アメリカ合衆国にて初の合法かつ商業的なドローンデリバリーに成功

image via UPS ここ数年間、ドローンを使ってモノを運ぶということにかけてAmazonやFedEx、Uberの右に出る企業は存在しなかった。少し前の3月末に、Unite... 続きを読む

Matternet、医療物資をドローン配送でBoeingから1600万ドル出資取得~アメリカ領空でのサービス拡大を目指す

カリフォルニアにある運送会社のMatternetが昨年Swiss Postとともに、スイスの人口の多い市街において医療物資や血液サンプルの航空配達を行った。5月には、トランプ政権の... 続きを読む