DRONE

セルフィードローンここに極まれり! 65gのCleo登場

セルフィードローンここに極まれり! 65gのCleo登場

今年もあとわずか。ドローンの進歩は凄まじく昨年に比べても大きな進化が見られた。2106年、ドローンの大きな特徴としてDOBBYをはじめとするセルフィードローンが活況だった。DOBBYでさえ驚きだったが、さらにその進化は続く。わずか65gのセルフィードローンCleoがまもなく登場する。

Cleoは、そのデザインも面白い、一見ドーナッツような形状をしている。通常のドローンのデザインではなく、ヘリコプターとロケット技術の組み合わせ(2枚のブレードを積み重ねたもの)が実現されている。

仕様

cleo_body 本体
  • サイズ: 92mm x 92mm x 30mm
  • 重量: 65g
  • カメラ
  • 静止画解像度: 14MP
  • ライブカメラ解像度: 720p@30fps
  • ビデオ解像度: 1080p@60fps
  • バッテリー
  • 飛行時間: 20分
  • 充電時間: 30分
  • cleo_run

    操作は簡単。ユーザーはスマートフォンアプリで操作するだけだ。カメラモードで360度撮影やパノラマ撮影設定可能だ。またビデオはHD、ライブストリーミング機能も実装している。開発者のOmar EleryanとSimon Czarnotaは、

    ドローンは、より安全で、より小さく、使いやすくする必要があります。

    とコメントし、開発をおこなった。まさに空飛ぶカメラの決定版になるかもしれない。そんなCleoは、CES 2017でお披露目される。

    ▶︎Cleo
    Return Top