DRONE

ソフトバンクC&S、DJI製ドローンに標準添付される最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大

ソフトバンクC&S、DJI製ドローンに標準添付される最大4億円の賠償責任保険の対象機種を拡大

ソフトバンクコマース&サービス株式会社(以下:ソフトバンクC&S)は、DJI製ドローン「Phantom 4」限定で標準添付されている最大4億円の賠償責任保険の対象機種を、2016年12月19日出荷分より拡大する。

ソフトバンクC&S、およびソフトバンクC&Sの販売代理店は、法人向けに販売している「Phantom 4」に、購入後1年間1事故につき最大で対人4億円、対物3億5,000万円の賠償責任保険が標準で添付されているが、加えて「Phantom 4 Pro」「Mavic Pro」「Inspire 2」の3機種にも同額の賠償責任保険を適用するとしている。概要は次の通り。

161219_sub1

【対象機種】

161219_sub2

【補償内容】

※2年目以降も保険をご希望の場合は、エアロエントリー株式会社が提供している、「DJI賠償責任保険」の有償プランにご加入いただく必要があります。

■お申し込み

エアロエントリー株式会社のWebサイトよりお申し込みいただけます。
※お申し込み・登録をいただけないと補償が受けられませんので、ご注意ください。

■お問い合わせ先

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 「DroneBank
▶︎DroneBank
djimini3pro
Return Top