DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

2017-01-04 掲載

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1月23日以降出荷開始する。希望小売価格は税込149,040円。

170104_phantom-4-cny-limited-edition

Phantom4 中国・春節エディションは、土、火、水、風の自然の4元素からインスピレーションを得ており、機体中央には中国の神話に登場する幸運と幸せの象徴であるフェニックスが描かれている。

また、Phantom4と同様に4K動画撮影が可能。映像伝送技術「Lightbridge」を搭載しており、機体が捉える映像をHD画質でリアルタイムで見ることができる。最大伝送距離は約3.5kmで、最大28分の飛行が可能。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、ジンバルRONIN-S後継機種登場か?

どうやらDJIは、7月17日朝9時(米国東部標準時)にRONINの新型をリリースするようだ。「RONIN S」の新型ではないかとみられる。すでにDJIのWebでも「Lighter ... 続きを読む

セキド、DJI製ドローンでユーザーが撮影した作品を集めたフォトブックを公開

株式会社セキドは、2019年5月に実施したDJI製ドローンで撮影した空撮写真コンテストの受賞作品・応募作品をまとめたフォトブック「DJIドローンで撮る撮影コンテストフォトブックVo... 続きを読む

[Reviews]予想を超えるおもしろさ!RoboMaster S1は学び中毒に注意!! [基礎検証編]

空飛ぶロボット「ドローン」メーカーDJIから登場した飛ばないロボットRoboMaster S1。レビュー機をお預かりしてしばらくいじったのですが、これは知的探究⼼をくすぐる最⾼のマ... 続きを読む

ドローン空撮もアナモルフィックレンズで。DJI Mavic 2 用に「Moment Air」シリーズ登場

ドローン空撮でアナモルフィックレンズ使いたい! Momentは、 iPhone用のレンズ、ケース、カメラストラップでおなじみのメーカーだ。最近もモバイル・アナモルフィックレン... 続きを読む

ニワカソフト、RoboMaster委員会と日本地区戦開催に向け業務提携。RoboMaster日本委員会設立

RoboMaster委員会×ニワカソフト株式会社 ニワカソフト株式会社(以下:ニワカソフト)は、DJIが運営するRoboMaster委員会(中国・深圳市)と2019年6月26日に... 続きを読む