デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン映像作品コンテスト「Drone Movie Contest 2017」を開催

2017-01-07 掲載

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミーは、2017年3月23日(木)~25日(土)の期間中に千葉・幕張メッセで開催される「Japan Drone 2017」の企画として「Drone Movie Contest 2017」を開催する。

同コンテストは、ドローンで撮影した映像作品を対象とし、各方面から映像作品を募り、映像の新しい可能性を示していくことを目指すとしている。応募締め切りは2017年2月26日。同コンテストの詳細・応募は同社Webページより。

同コンテストは、航空法や電波法、道路交通法、各種ガイドラインなど、国内の法制度を守ったうえ、安全に飛行させた状態での撮影が必要。海外で撮影された映像の場合は、現地の法制度に基づいて撮影が行われている必要があり、危険な撮影が行われた場合は、審査の対象外となる。

映像は3分以内で映像の50%以上をドローンで撮影するという基準が設けられている。なお、応募者の自由な発想を促すため、ジャンルは設定されていない。審査はドローンやエンターテインメント産業の実務経験者が中心となって行われる。審査委員長は、デジタルハリウッド大学の杉山知之学長が務め、企業の担当者が審査委員となる。投稿された映像作品を審査委員会が審査し、ファイナリスト・入賞者の選考を行う。募集要項は以下の通り。

対象
  • ドローンで空撮した3分以内の動画作品を審査対象とする
  • 作品時間の50%以上をドローンで撮影している
審査基準
  • JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている
  • 映像作品としての芸術性や、技術的な先進性などを審査ポイントとする
  • 作品のジャンルは問わない
  • 差別的な表現や、危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする
審査プロセス
作品投稿(2017年1月上旬~2月下旬):
YouTube等の動画投稿サービスに作品を投稿(パスワード設定または限定公開設定)。Webサイトの応募フォームにURLとともに連絡先などを記載して添付
予備審査(2017年2月末~3月上旬):
審査基準を満たしているか事務局で予備審査
作品審査会(2017年3月上旬):
審査委員がファイナリスト作品を選定
ファイナリスト発表(2017年3月上旬):
上位作品(5作品前後)をファイナリスト作品としてウェブサイトで発表
授賞式(2017年3月23日):
Japan Drone 2017の特設ステージで入賞者を発表
デジタルハリウッド

関連する記事

ドローン撮影映像作品コンテスト 第5回「Drone Movie Contest 2020」開催!

デジタルハリウッド株式会社は、2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」(デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー)におい... 続きを読む

ドローン撮影による映像作品コンテスト 第4回「Drone Movie Contest 2019」が開催

デジタルハリウッド株式会社は、2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」(デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー)におい... 続きを読む

KDDI、ヤマハ、楽天3社の最新ドローン活用事例を学ぶ「DroneTalk」が1月31日に開催

デジタルハリウッド株式会社は、2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」(デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー)にて、... 続きを読む

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー「空撮×SNS」でトークイベントを開催

デジタルハリウッド株式会社が運営をする『Digital Hollywood Robotics Academy』(デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー)では、株式会社Dron ... 続きを読む

デジタルハリウッド、ドローンパイロット養成講座エントリープログラム7月生募集中!

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミーは、パイロット養成講座「デジタルハリウッド ロボティクスアカデミードローン専攻エントリープログラム」の7月生を募集中だ。 同講座は、... 続きを読む