DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

2017-01-17 掲載

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が「資料の一部を省略することができる無人航空機」に認定された。

「目視外飛行のための基準」においては、今回認定された全ての機種において、機体の自動飛行を制御、計画するiPad用アプリ「GROUND STATION PRO(GS PRO)」と連携することで同条件での使用が可能になる。今回新たに「目視外飛行のための基準」と「資料の一部を省略することができる無人航空機」に認定された機種は以下の通り。

No. 対象DJI製品 目視外飛行のための基準 資料の一部を省略することができる無人航空機
1 PHANTOM 3 ADVANCED
2 PHANTOM 3 PROFESSIONAL
3 PHANTOM 4
4 INSPIRE 1
5 INSPIRE 1 PROFESSIONAL
6 MAVIC PRO ○(新規認定)
7 MATRICE 100
8 MATRICE 600 ○(新規認定)
9 MATRICE 600 PROFESSIO ○(新規認定)
※Matrice 600およびMatrice 600 Proに関しては、機外の様子を監視できるカメラを装備し、そのカメラの写真および書類を提出することで、目視外飛行のための基準がクリアされる
DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、サノヤス・ライドとDJI Zenmuse P1活用、遊戯施設点検の共同検証実施

DJI JAPAN 株式会社は、サノヤス・ライド株式会社と共同で、DJIが新たに発表したフルサイズセンサー搭載航空測量用カメラ「DJI Zenmuse P1」を活用し、遊戯施設の点... 続きを読む

DJI、DJI製ドローンによる人命救助、累計500件を突破

DJIは、500名を超える人々がドローンによって危機的状況から救出されたことを最新の統計レポートで発表した。 500件目の救助事例は、2020年10月11日にミズーリ... 続きを読む

[Reviews]Vol.48 飛ばして納得「DJI Mini 2」の実力。身近で手軽な撮影ツールとして大きく進化 [後編]

進化したDJI Mini 2を実際に飛ばしてみた 初代Mavic Miniを使用して、感じていた不満「これ、4Kならよかったのになぁ…」「あぁ…遠くへ飛ばしてないのに映像伝送が乱... 続きを読む

DJI、重量200g未満の高性能カメラドローン「DJI Mini 2」発表!

DJIは、重量は200g未満のコンパクトなボディに、新機能を詰め込んだ高性能カメラドローン「DJI Mini 2」を2020年11月12日に発売する(11月5日より予約受付開始)。... 続きを読む

[Reviews]Vol.47 199gの感動再び「DJI Mini 2」 日本最速レビュー〜まるで小さな “Mavic 2” [前編]

199gその驚き、進化して登場 MINI 2 10月以降、立て続けにカメラ関連新製品をリリースしているDJIがついにドローンの新製品「DJI MINI 2」を発表しました。もちろ... 続きを読む