無人航空機飛行の申請窓口、飛行地域の地方航空局へ移管。4月1日より

2017-02-06 掲載
4月以降の申請先管轄範囲

日本国内でドローンを飛行させる上で欠かせないのが国土交通省航空局への申請だ。現在国土交通省航空局にて受け付けている無人航空機飛行申請が、2017年(平成29年)4月1日より、地方航空局に移管する。

飛行の範囲が東京航空局と大阪航空局の管轄範囲をまたぐ場合、申請者の住所を管轄する地方航空局が申請先となる。また、空港事務所への申請(150m以上の空域の飛行及び制限表面等の上空の空域の飛行)については改変はない。すでに得ている許可については、再度申請の必要はなく、期間内はそのまま有効となる。

さらに平成29年度後期頃には、Web上で申請書の作成・提出が行えるシステムを運用開始する予定だとしている。詳細情報の確認については3月上旬頃、同省Webページにて発表される予定だ。

▶︎国土交通省
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

フジタ、山口大学と共同で、造成地を対象に独自ドローン測量「斜め往復撮影ドローン(RTK搭載)」を開発

大和ハウスグループの株式会社フジタは、国立大学法人山口大学と共同で、造成地を対象とした独自のドローン測量手法「斜め往復撮影ドローン(RTK搭載型)」の開発を発表した。 「斜め... 続きを読む

ジャパン・インフラ・ウェイマーク、国土交通省主導社会実験「パークスマートチャレンジ」参画

株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(以下:JIW)は、国土交通省が奈良県にて実施する社会実験「パークスマートチャレンジ」に採択され、2019年10月24日から実験に着手する。... 続きを読む

“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップを取りまとめ、経済産業省、国土交通省と「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合で

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」が、12月20日第4回会合が開催され、ロードマ... 続きを読む

経済産業省、「空飛ぶクルマ」の実現を推進。「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立した。 自動車や航空機の業界な... 続きを読む

新社会システム総合研究所、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」を開催

国土交通省、経済産業省、日本郵便、京王電鉄は、「物流政策と新たな技術・サービスの活用~ICT、ドローン、自動運転、貨客混載などへの取組みと可能性~」と題しセミナーを2018年7月3... 続きを読む