ソフトバンクC&S、ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」を提供開始

2017-02-11 掲載

ソフトバンクコマース&サービス株式会社は、ブルーイノベーション株式会社と協業し、ドローン利用者(法人・個人)向けの情報やサービスを提供するプラットフォーム「SORAPASS(ソラパス)」の提供を開始した。

SORAPASSは、飛行可能区域や風速・気象情報の提供、操縦者や機体情報の管理、国土交通省への飛行申請の代行など、課題解決をサポートするサービスを一元的に提供するプラットフォーム。概要は以下の通り。

以下、プレスリリースより引用

■飛行禁止・危険区域等の地図公開(無償サービス)
人口集中地区(DID)、空港周辺等の法律で定められた飛行禁止区域に加え、発電所や自衛隊基地、石油コンビナート等の危険区域をゼンリンの地図上で把握が可能です。
■操縦者情報管理(無償サービス)
操縦者の飛行知識・経験等の技能情報を入力・管理できます。
■機体情報管理(無償サービス)
国土交通省等への飛行許可申請に必要なドローンの機体情報を入力・管理できます。
■気象情報提供(スタンダードプラン・ライトプラン)
ドローンの安全飛行に重要な気象情報を提供します。
■3次元地図(スタンダードプラン・ライトプラン)
フライトプランの策定に役立つ3次元地図を提供します。
■飛行申請書・報告書作成サポート(スタンダードプラン20回/月・ライトプラン1回/月)
国土交通省等への飛行許可申請書類のWeb作成ツールを提供します。
■行政書士による飛行許可申請サポート(飛行申請代行サービス)
行政書士に飛行許可申請の代行手続きを申し込むことができます。
100名以上の行政書士が登録する「行政書士ネットワーク」と連携します。
■提供方法
法人の取引に適した、シリアル番号の発行によって販売を行います。
■料金(税抜)
SORAPASSスタンダードプラン(同時利用10ID)
237,600円(1年間)
SORAPASSライトプラン(同時利用1ID)
59,760円(1年間)
SORAPASS飛行申請代行サービス
150,000円(1件)
サービスの詳細
SORAPASS飛行支援サービス
SORAPASS飛行申請代行サービス

関連する記事

HAPSMobile社、ハワイ上空の成層圏における飛行許可を取得

Softbank子会社のHAPSMobile社は、成層圏における遠距離通信基盤システムを提供するにあたり、2019年4月にリリースされた太陽光発電による無人航空機「HAWK30」を... 続きを読む

ドローンvsドローンのドッグファイトが実現!対戦用小型ドローン「X1 FPV」発売

ソフトバンクコマース&サービス株式会社は、Wingsland社の対戦用小型ドローン「X1 FPV」を2018年7月19日より発売開始する。参考標準価格 は税別32,407円。 ... 続きを読む

ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

ブルーイノベーション株式会社は、Flyability SAと業務提携し、安全で時短・コスト削減を実現する屋内点検サービス「Biインスペクター」を2018年6月4日より開始する。 ... 続きを読む

ブルーイノベーション、パイロット支援システムや最新ソリューションを公開 [Japan Done 2018]

先ごろ矢継ぎ早に新ソリューションを発表したブルーイノベーションのブースでは、その実際の機体やソフトウェアを見ることができる。中でも注目なのは飛行ログと操縦ログの両方が取れるドローン... 続きを読む

ブルーイノベーション、AEEと連携しオリジナルドローンによるパイロット支援システムを新規展開

ブルーイノベーションはShenzhen AEE Technology CO.,LTD(以下AEE)と連携し、オリジナルドローンによるパイロット支援システムを開発し、ドローン教育・安... 続きを読む