Ehang、1000機ドローンが宙を舞う。インテルの記録を破り、本格的SQUAD DRONEの時代へ

2017-02-20 掲載

1000機のドローン編隊飛行がいよいよ実現された。使用されたのは、EHangのGhostDrone 2.0である。この1000機を超えるドローン群は、昨年インテルがギネスレコードを樹立した500機という記録をいとも簡単に更新してしまった。

先日のスーパーボウルにおけるレディ・ガガのパフォーマンスでも大量のドローンが使われていたが、それでも300機だった。編隊に関してはそれほどダイナミックとは言えないが、驚くべきはそこではない。15分のショーの中で漢字の「福」や中国の地図をドローンで表現しているのだ。伝統的に中国の新年(旧正月)では提灯や灯籠を灯してお祭りを行うのだが、今年は広州ではドローンを代わりに使用している。

Ehangといえば忘れてはならないのが、Uberスタイルのドローンタクシーのコンセプトを持ち込んだ会社だということだ。EHANG184は有人の空飛ぶ車としてメディアに多く取り上げられていた。EHANG184は8つのローターが付いており、飛行時間は30分程度、移動可能距離は40km~50km、ペイロードは100kgとなっている。つい先日ドバイでの導入採用が決まったばかりだ。

Ehang
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

T2R、LEDドローンで上空に動画アニメーションを描く情報発信・拡散サービス開始

ドローン・ライトショーを展開するT2R (ティーツーアール) は、多数のLEDドローンを飛行させて上空に立体的な動画アニメーションを描くことで、商品やロゴ、メッセージを発信・拡散さ... 続きを読む

VRからドローンへ、パルマーラッキー氏が軍事用ドローンGHOST4発表

Anduril社が発表した最新ドローンは、米国製造されたタクティカル向けシングルローター仕様のGhost4だ。多目的ドローンであり、航空情報、監視・偵察、貨物輸送、侵入対策、信号情... 続きを読む

DAMODA、群衆飛行を3150機でギネス世界記録を更新

ドローンライトショーは、多数のLEDドローンを飛行させ、上空にアニメーション描くものである。ドローンならではの自動制御によるエンターテイメントとも言える。群衆飛行を担当した企業は、... 続きを読む

DJI、 プログラム可能なRoboMaster TT発表。Telloをベースに群衆飛行も可能

DJIは8月下旬にRoboMaster TT(Tello Talent)をリリースした。このドローンは、教育部門であるDJI EducationがTelloをベースに、LEDライト... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む