DJI、産業用ドローン「MATRICE 200シリーズ」を発表

2017-02-27 掲載

DJIは「MATRICE 200シリーズ(以下:M200シリーズ)」を発表した。現在M200、M210、M210 RTKの先行予約を受け受けており、出荷は2017年6月頃を予定している。

M200シリーズは、空撮による点検や検査、データ収集などの産業利用を対象としたエンタープライズ向けのプラットフォームで、耐候性と防水性を備えた折りたたみ式の機体は持ち運びや組み立てが容易に行える。また、DJIで初となる上向きジンバルマウントを搭載し、橋梁や鉄塔、電波塔などの底面や裏側の点検、検査が可能だ。

「ZENMUSE X4S」と「ZENMUSE X5S」カメラのほか「ZENMUSE Z30」や「ZENMUSE XT」カメラに対応し、ズーム撮影や赤外線撮影も可能。パイロットは、前方向きFPVカメラから、カメラオペレーターはメインカメラの映像をデュアルコントローラーから確認できる。機体の前部、上部、下部の障害物回避センサーと、近くを飛行する有人機の飛行位置情報を受信するADS-B受信機で安全性を高めるとしている。M200はデュアルバッテリー構成で、カメラを搭載した場合、最大35分の飛行が可能。DJIエンタープライズソリューションズのディレクターPaul Guo氏は次のようにコメントしている。

Paul Guo氏:ドローンは、産業分野における標準ツールとなり、DJIの技術は、効率的に空撮データを収集したい企業や団体にとって不可欠になってきています。DJIが今回発表したM200シリーズは、複数の最新センサーを組み合わせた産業用途に設計した包括的なソリューションであり、各産業におけるワークフローに革命を起こします。橋梁の点検・検査、土地測量、捜索・救助活動といった高度な技術を必要とする業務の安全性と信頼性を、これまでにない高いレベルで実現します。

提供するタイプ

M200シリーズは「M200」「M210」「M210 RTK」の3タイプ。スタンダードタイプのM200は、単一下方ジンバルマウントを搭載している。M210は、単一下方ジンバルマウント、デュアル下方ジンバルマウント、単一上方ジンバルの複数のペイロード構造。M210は、サードパーティ製センサーとアクセサリーに対応する追加の接続ポートが搭載されている。また、機体上部に取り付けることが可能な追加のセンサーとペイロードに対応予定だ。M210 RTKは、センチメートル単位の高精度なナビゲーションを実現するD-RTKモジュールが使用可能。

安全性と信頼性

IP43等級のM200シリーズは堅牢設計で、機体にはコンパス、GPSシステム、デュアル内蔵計測ユニット(IMU)、そして3つの気圧計を含む20個以上の内蔵センサーを搭載。ジンバルコントローラーは、保護のために機体本体と一体化している。障害物を回避するため、機体の下部と前部に2台のステレオ・ビジョンシステムと上方向赤外線センサーを搭載している。また、冗長化バッテリーシステムにより、バッテリー交換の間も機体に電源を供給できる。

M200シリーズは内蔵型のADS-B受信機の「DJI AirSense」を搭載し、操縦者には、近くを飛行するADS-Bトランスミッターを備えた有人飛行機の位置や高度、速度情報がリアルタイムで自動提供される。フライトコントローラーは、2つのIMU、1つのGNSSユニット、分析冗長システムを搭載した一体型フライトコントローラーで、2つのIMUをシームレスに切り替えられる。

DJIフライトマネジメント

「DJI GO 4」アプリに加えて「DJI Pilot」アプリに対応している。ユーザーは、DJI GS Proアプリ内で飛行計画の立案や、インターフェースを数回タップしてフライトタスクの計画が可能だ。また、DJIのモバイルSDKとOnboard SDKにも対応しており、プログラマーは、飛行計画やデータ収集および分析のためのカスタマイズソリューションの構築が行える。

DJI Pilotアプリは、ウェブベースのソフトウェアパッケージ「DJI FlightHub」の対応により、収集したリアルタイムデータを現場にいない担当者とWeb上で共有可能。DJI FlightHubで、ユーザーは複数のドローンを活用した飛行計画を立案し、それぞれの機体のステータスを追跡でき、遠隔にある対策本部においても、ライブフィードを同時に監視し、ジンバルとカメラの遠隔制御可能。

インテリジェントフライト機能

M200シリーズのコンピュータービジョンにより、インテリジェント・フライトモードを活用したデータ収集が実現。被写体を追尾しながらのズームなどの高度な撮影が可能となる。

■スポットライトモード
機体を自由に飛行させながら、カメラが被写体に照準を合わせる
■ポイント・オブ・インタレスト
被写体の周りを滑らかに旋回
■トライポット
位置や角度を精密に調整し、狭い場所での飛行も安全に正確に実現
■アクティブトラック
被写体を認識し、フレーム内に維持したまま飛行
アクセサリー

DJIのLightbridge 2システムを採用し、使用地域の法規制に従いって最大7kmまでの範囲で対応可能(日本は4km)。ライブビューの解像度は最大1080p。マスターコントローラーとスレーブコントローラーの間は約100mの距離を保つ。周波数を2.4GHzまたは5.8GHzから選択可能。また、95Whの標準バッテリーと174Whバージョンの2種類のバッテリーを提供。

M200シリーズのペイロード

M200シリーズのペイロード構成は、単一下方ジンバルマウント、デュアル下方ジンバルマウント(M210)、または単一上方ジンバルマウント(M210)の3種類となっている。

M200シリーズの主な産業利用は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■インフラの点検および検査
送電線や通信電波塔、橋梁などの点検では、落下や感電などのリスクがあります。M200シリーズを活用することで、現場から離れた場所で点検や検査を行えるため、安全性が確保できます。M200シリーズは、建物や道路、橋梁の損傷や不具合をミリ単位でリアルタイムに特定し、作業をより安全で効率的に行います。

■エネルギー施設の点検および検査
エネルギー施設のメンテナンスは、経済的なコストと時間が発生します。高い安定性で、耐候性と防水性を備えたM200シリーズにより、巨大な送電網を極めて緻密なレベルで視覚化できます。さらに、垂直型のインフラ設備である風力タービンや海上の石油掘削施設などの点検や検査も全ての角度から行えます。

■建設現場での測量・地図作成
測量や地図作成は、天候やその他の様々な外部要因に関わらず行う必要があります。M200シリーズは、厳しい条件下に耐えられる頑丈なプラットフォームです。建設現場担当者は、M200シリーズを効果的なツールとして、進捗やワークフローの確認、リソースのより効率的な利用のために使用できます。

■捜索救援活動
時間と天候との勝負になる捜索救援活動では、汎用性を備えた信頼できる空撮プラットフォームが救助隊に必要です。ビジュアルセンサーや赤外線センサーを搭載するM200シリーズは、 火災や自然災害における捜索救援活動の潜在的な危険性を認識します。現場責任者は、M200シリーズが収集したより詳細なデータを基に判断が可能になるため、救助を待つ人命や損壊の恐れがある建造物を守るとともに、捜索救援活動にあたる人員の危険性を最小限に留めることができます。

▶︎MATRICE 200シリーズ
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

アルマダスとシステムファイブ、「ドローン空撮を織り交ぜた映像制作講座」を開催

株式会社アルマダスと株式会社システムファイブは、2018年11月26日(月)に「ドローン空撮を織り交ぜた映像制作講座」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナール... 続きを読む

DJI、エコシステムを拡充する新製品とパートナーシップを発表[AirWorks 2018]

今回で三度目の開催となる「DJI AirWorks 2018」がテキサス州ダラスで開催中だ。DJIはそこで、ハードウェアとソフトウェアの新製品と戦略的パートナーシップを発表した。D... 続きを読む

DJI、産業用ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表

DJIは、産業用ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE」を発表した。Mavic 2 Enterpriseは、Mavic 2をベースに、折りたたみ式でコンパクトなデザインに、... 続きを読む

DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」への参加募集を開始

DJIは、同社主催の次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」参加募集を開始した。 RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニア達が世界中... 続きを読む

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJIは、センチメートル単位でのナビゲーションと測位を可能にする測量用の高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表した。Phantom 4 RTKは、測量調査の効率性と正確... 続きを読む