シィーエス、「J Droneサービス」の本格サービスを一都六県で開始

2017-04-03 掲載

シィーエス株式会社は、2016年10月より開始していた「J Droneサービス」を、2017年4月1日より一都六県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)で開始する。

同サービスは、カメラ搭載のドローンを活用し、住宅の修繕必要箇所を割り出すサービス。戸建て住宅では可視カメラや赤外線カメラで調査を行う。同サービスの利用により、外から見ただけでは分からない外壁内部の劣化や、水漏れの有無、陽光パネルの劣化部分の判断が可能になる。また災害に遭った場合の比較素材として、可視カメラ撮影で平常時の状態の画像保存が可能なほか、3Dマッピングの作成も行う。

赤外線画像との比較

同社では、J Droneサービスを使用した調査が行える建設関連会社を増やすためDPA(Drone Pilot Association)公認のドローン操縦士養成学校の運営も行っており、建設関連会社を加盟店として加えている。今後、J Droneサービスが全国で利用できるよう、各都道府県ごとに50社、計2,350社の加盟を目標に活動していくとしている。

シィーエス株式会社

関連する記事

PwC、「ドローンビジネス2017~日本でのドローン活用現実と未来~」を開催

PwCコンサルティング合同会社は、2017年2月7日(火)に「ドローンビジネス2017~日本でのドローン活用現実と未来~」を開催する。会場は東京・丸の内のPwCコンサルティング合同... 続きを読む

DPA潮見ドローン専用飛行場、開校2ヵ月でスクール受講者数600名突破

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA:ディーパ)は、DPA潮見ドローン専用飛行場でのドローンスクール受講者数が、開校2ヵ月となる2016年12月末時点で、累計受講者数が600名を... 続きを読む

バンタン、日本初ドローン専門の高校を開校!

左より、小林一郎DPA理事長、株式会社スカイロボット取締役小松周平氏、タレント岡田結美、株式会社バンタン石川広己社長、株式会社ヘキサメディア野口克也社長、CCN 安藤嘉康代表、20... 続きを読む