NASA発、人類の居住地を探す火星用新型ドローン

2017-04-11 掲載

NASAラングレー研究所のエンジニアは、火星の希薄な大気の中でも飛行可能なドローンを開発中だ。この自律式無人航空機は地上の探査機と連携し、溶岩チューブや深い峡谷など、現在は近づくことのできない探査において、研究者への柔軟性を大幅に向上させる。

人類の火星探査において、これまで近づけなかったエリアを探索する特殊なドローンの発明によって、大きな飛躍を遂げられる日が近いかもしれない。このドローンは、人類が居住可能な土地を見つけるのに役立つだろう。

と、NASAは語る。

ラングレー研究所のエンジニアによると、ドローンは近づき難い場所に加え、火星表面で人類の居住に最適な場所を探し回ることになるという。

「Mars Electric Flyer」プロジェクトは、電気モーターを動力とする軽量構造に焦点を当てる。このマシンは垂直に離着陸するよう制御され、自律ナビゲーションも装備されている。この電動ドローンには最先端のモーターとバッテリー技術が備わり、人間が介在することなく航続距離の長い任務を行える。さらに、先進的なマッピングと遠隔センサーシステムも搭載するとしている。

このドローンをNASAの火星探査機に乗せて火星に送る計画で、研究所が公開したコンセプトビデオでは、探査機がロボットアームを使って惑星表面でドローンを放す様子を見ることができる。ドローンはその後離陸し、任務を終えて充電をしに探査機に戻るまで、洞窟や峡谷を探索する。同自律式航空機はまだ試作段階だが、火星の希薄な大気条件向けに設計され、現在ラングレー研究所内の低圧室で飛行テストを受けている。

NASA
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Alaka’i Technologies、NASAと「空飛ぶクルマ」機体パートナー選出へ。唯一の水素燃料電池搭載

NASAは、Alaka’i Technologies(以下:Alaka’i)がNASAのAdvanced Air Mobility National Campaign(先進的エ... 続きを読む

Swift Engineering、NASA共同プロジェクト“SULE”初フライト成功

Swift Xiの親会社であるSwift Engineering Incは、アメリカ航空宇宙局(NASA)エイムズ研究センターの協力により、高高度滞空型無人航空機(Swift Ul... 続きを読む

NASA、 ラングレー研究センターeVTOL 「Langley Aerodrome 8」開発順調に進行中

imge Credits: NASA NASAラングレー研究センターが発表した新しい映像には、Langley Aerodrome 8 (以下LA-8)が紹介されている。これは... 続きを読む

GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、NASA(米国航空宇宙局)と共同で遠隔操縦無人機SkyGuardianのデモフライトを、4月上旬... 続きを読む

NASAとコリンズ・エアロスペースがNAS無人航空機向けのセーフ・オペレーション技術を開発

Command Non-Payload Control(フライトテスト・コントロール・ルーム 以下CNPC)飛行実験を行うセンター。複数の機体やさまざまなラジオ、アンテナ設備を配置... 続きを読む