Rapyuta Robotics、「第2回SoftBank Innovation Program」選定企業としてソフトバンクと協業。ドローン技術の商用化を検討開始

2017-04-13 掲載

Rapyuta Robotics株式会社は、ソフトバンク株式会社が実施した「第2回 SoftBank Innovation Program」において、プロダクトやサービスの商用化を検討していく企業として選定された。同プログラムは企業のソリューションや技術と、ソフトバンクが持つアセットを組み合わせてサービスやプロダクトの創出を目指す取り組み。

ソフトバンクとの取り組みでは、Rapyuta Roboticsが開発するロボット、センサー、データセンターなどのマシーンをネットワークで融合し、制御・運用に関する基本機能の提供を行う「クラウド・ロボティクス・プラットフォーム」を活用し、ドローンの自律制御および自動充電サービスを提供する。インフラ点検、警備、測量などの領域において、業務に必要な装置やシステムを組み合わせることで効率化するサービスの商用化を目指すとしている。

▶︎Rapyuta Robotics
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ソフトバンク、消費者参加型プラットフォームで「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、ドローンのように浮く、手で... 続きを読む

ソフトバンクC&S、ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」を提供開始

ソフトバンクコマース&サービス株式会社は、ブルーイノベーション株式会社と協業し、ドローン利用者(法人・個人)向けの情報やサービスを提供するプラットフォーム「SORAPASS(ソラパ... 続きを読む

ソフトバンク、「ドローンビジネス相談センター」を開設

ソフトバンクは、法人や自治体、教育機関などでのドローンの活用を支援する「ドローンビジネス相談センター」を4月1日に開設する。DJI Japan株式会社と連携し、ドローンの購入前... 続きを読む