DJI、4K/60fpsで動画撮影可能な「Phantom4 Advanced」と5.5インチ1080pディスプレイ一体型送信機付属の「Phantom 4 Advanced+」を発表

2017-04-14 掲載

DJIは、4K/60fpsで動画撮影可能な「Phantom 4 Advanced」と、5.5インチ1080pのディスプレイ一体型の送信機が付属された「Phantom 4 Advanced+」を発表した。価格は、Phantom 4 Advancedが税込179,000円、Phantom 4 Advanced+が税込214,000円。出荷予定は2017年4月末~5月上旬。なお、Phantom 4 Advancedの発表に伴いPhantom 4は2017年4月30日をもって販売終了となる。同社はPhantom 4ユーザーへのアフターサービスを引き続き提供する。

Phantom 4 Advanced

Phantom 4 Advancedは、2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画と14fpsのバーストショット(静止画の連続撮影)の撮影が可能。最大ビットレート100Mbpsで、H.264フォーマットで4K動画を60fps、H.265フォーマットでは30fpsでの撮影が可能。プロセッサーによりすべての映像をハイダイナミックレンジで撮影可能。

DrawモードやActiveTrack、TapFly、ジェスチャーモード、トライポッドモードなどの主要なインテリジェントフライト機能を搭載。5つのカメラや前方障害物認識システム、デュアルバンド衛星測位システム(GPSとGLONASS)と超音波センサーシステムから構成されるフライトオートノミーシステムを搭載し、GPSがない環境でもホバリングが可能。

Phantom 4 Advanced+コントローラー

また、「Phantom 4 Advanced+」は、5.5インチ1080pのディスプレイ一体型の送信機が付属しており、従来のスマートデバイスの2倍の明るさを実現。輝度は1000cd/m2。128GB microSDカードを使用することで、Phantom 4 Advancedのストレージ容量を増加できる。飛行時間は最大30分。

Phantom 4 Advanced

関連する記事

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」とコラボ。 日本の四季を捉えた空撮作品や SkyPixel作品を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社は、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を2018年4月26日(木)から2018年5月5日(土)まで渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 20... 続きを読む

[Reviews]Vol.19 トイドローンの完成形現る。DJIとIntelの技術を積んだ「Tello」の実力はいかに!?

改正航空法対象外の重量80gという軽量ながらDJIとIntelの技術協力のもと開発された「Tello(テロー)」。発売はDJIではなくRyseTech社(中国)。とはいえ、DJIの... 続きを読む

DJI、DJI FORCE PRO発表〜カメラを直感的に遠隔操作 [NABshow2018]

DJIは、NAB Show 2018で、新しい映像制作ツール「DJI FORCE PRO」を発表した。Force Proとは、DJIの「RONIN 2」と「RONIN-S」に対応し... 続きを読む

DJI、高精度ジンバルシステムMASTER WHEELSを発表〜3方向を正確にコントロール [NABshow2018]

DJI は、NAB Show 2018で新しい映像制作ツール「DJI MASTER WHEELS」を発表した。ジンバルの高精度な制御を可能にし、複雑なシーンでもシネマ品質の映像を容... 続きを読む

DJI、Zenmuse X7のApple ProRes RAW対応を発表

DJIは、同社の空撮用Super 35mmデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」がファームウェアアップデートにより、Apple ProRes RAWに対応することを発表した。... 続きを読む