DJI、4K/60fpsで動画撮影可能な「Phantom4 Advanced」と5.5インチ1080pディスプレイ一体型送信機付属の「Phantom 4 Advanced+」を発表

2017-04-14 掲載

DJIは、4K/60fpsで動画撮影可能な「Phantom 4 Advanced」と、5.5インチ1080pのディスプレイ一体型の送信機が付属された「Phantom 4 Advanced+」を発表した。価格は、Phantom 4 Advancedが税込179,000円、Phantom 4 Advanced+が税込214,000円。出荷予定は2017年4月末~5月上旬。なお、Phantom 4 Advancedの発表に伴いPhantom 4は2017年4月30日をもって販売終了となる。同社はPhantom 4ユーザーへのアフターサービスを引き続き提供する。

Phantom 4 Advanced

Phantom 4 Advancedは、2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画と14fpsのバーストショット(静止画の連続撮影)の撮影が可能。最大ビットレート100Mbpsで、H.264フォーマットで4K動画を60fps、H.265フォーマットでは30fpsでの撮影が可能。プロセッサーによりすべての映像をハイダイナミックレンジで撮影可能。

DrawモードやActiveTrack、TapFly、ジェスチャーモード、トライポッドモードなどの主要なインテリジェントフライト機能を搭載。5つのカメラや前方障害物認識システム、デュアルバンド衛星測位システム(GPSとGLONASS)と超音波センサーシステムから構成されるフライトオートノミーシステムを搭載し、GPSがない環境でもホバリングが可能。

Phantom 4 Advanced+コントローラー

また、「Phantom 4 Advanced+」は、5.5インチ1080pのディスプレイ一体型の送信機が付属しており、従来のスマートデバイスの2倍の明るさを実現。輝度は1000cd/m2。128GB microSDカードを使用することで、Phantom 4 Advancedのストレージ容量を増加できる。飛行時間は最大30分。

Phantom 4 Advanced

関連する記事

DJIが提唱するSDKで広がるドローンの活用とは? [InterDrone2018]Vol.03

InterDroneでは展示ブースの他に様々なトピックに沿ったカンファレンスが開かれているのだが、「MAVIC 2」を発表したばかりのDJIは、「DJI SDKを使った産業用ドロー... 続きを読む

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校。産業分野への教育

DJIは、2018年9月7日に個人や企業に所属するドローン操縦者が、ドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニング... 続きを読む

[Reviews]Vol.24 あなたならどうする?MAVIC 2 PRO VS MAVIC 2 ZOOM 〜圧倒的性能を徹底評価

先週よりDJI MAVIC 2シリーズのデリバリーも開始され、この週末にフライトを楽しんだユーザーも多いのではないだろうか。編集部にも届いたので、先日のDJI主催体験会よりも一歩踏... 続きを読む

システムファイブ、「DJI最新鋭ドローンMavic 2 Pro/Zoomお披露目セミナー」開催

株式会社システムファイブは、2018年9月6日(木)に「DJI最新鋭ドローンMavic 2 Pro/Zoomお披露目セミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セ... 続きを読む

[Reviews]Vol.23 カメラも性能も大きく進化!MAVIC 2 PRO & ZOOM 新製品発表会で飛行体験!

国内でもMAVIC 2 PRO & ZOOM お披露目!初代MAVIC PROの登場より2年、ついにMAVIC PROがフルリニューアルして再登場。日本時間8月23日(木)23時〜... 続きを読む