DRONE

DJI、フルHD搭載FPVゴーグルDJI Gogglesを発表 [NAB2017]

DJI、フルHD搭載FPVゴーグルDJI Gogglesを発表 [NAB2017]

DJIは、一人称視点(First Person View。以下:FPV)のフルHD搭載FPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表した。2017年5月20日以降の出荷を予定しており、販売価格は税込57,800円。

DJI Gogglesは、大型ペアスクリーンと、長距離で低遅延なワイヤレス伝送や、写真、映像撮影の調整を行うコントロール機能を搭載している。ビームスプリッターを使用し、両目の前に映像を表示して偏光の特性で左右の映像の重なりを防ぐ。両スクリーンともにフルHD1920x1080解像度を搭載。完全に充電された状態では、最大6時間使用が可能。Mavic Pro、Phantom 4シリーズ、Inspireシリーズを含む同社の空撮プラットフォームで使用可能で、装着すると、約3メートル先にある216インチのスクリーンを見ているような状態となるという。

同社のOcuSync伝送システムにより、最大2組のDJI Gogglesと1台のMavic Proの接続が可能。タイムラグを最小化するため、送信機を経由せずにドローンから直接映像データを受信する。Mavic Proで飛行している場合は、720p/60fpsの映像伝送と1080p/30fpsの短距離伝送を、最小遅延わずか110msで映像を提供する。

内蔵されているタッチパッドは、メニューシステムのナビゲーションをシンプルにし、ActiveTrack(アクティブトラック)、TapFly(タップフライ)、地形フォローモード、シネマティックモードやトライポッドモードといった主要なインテリジェントフライト機能へアクセスしやすくなった。

実際の固定翼機により近い飛行をシミュレートするため、機体は前方へ飛行し、旋回する時は大きな弧を描く固定翼モードでの飛行が可能。AR軌道予測機能により、複雑な環境下でも固定翼モードでの飛行が行える。ヘッドトラッキング機能により、Mavic ProまたはPhantom 4シリーズの機体でユーザーの頭の動きにより、機体のヨーとカメラのチルトの操作が可能。また固定翼モードと組み合わせることで、頭を動かしてMavic Proを操作できる。

顔面への圧力を最小限に抑え、長時間の装着でも快適になるよう設計されたヘッドバンドを採用。バイザーを上げるだけでFPVモードを終了できる。スクリーンとヘッドバンドは持ち運びや保管の際には取り外すことが可能。

DJI Gogglesはさまざまなインターフェイスを内蔵し、Mavic ProとDJIのOcuSync伝送システムを経由して同期が可能。また、Phantom 4、Phantom 4 Advanced、Phantom 4 Pro、Inspire 2は、送信機のUSBポートから接続できる。内蔵のmicroSDカードで、機体からDJI Gogglesにファイルをダウンロードや、その場で動画ファイルの確認が行える。HDMI出力でDJI Gogglesを映像機器と接続して映像を観たり、ゲームも行える。

同社シニアプロダクトマネージャーのPaul Pan氏は次のようにコメントしている。

Pan氏:DJIの空撮プラットフォームと同等の品質、パワー、そしてパフォーマンスの映像を、一人称視点で体験できるべきです。DJI Gogglesを装着することで、飛行の楽しさと魅力を体験することができます。DJI Gogglesは、全ての要素においてDJIの空撮プラットフォームと同じ基準で改良し、さらにDJI Gogglesの接続性を最適化することで、これまでで最高の飛行体験を提供します。

Return Top