DRONE

フィッシング・ドローンPowerRay日本登場!本日より予約開始!

フィッシング・ドローンPowerRay日本登場!本日より予約開始!

Powervision社創業者 & CEO Wally Zheng氏

CES2017で発表され、賞賛を浴びた水中ドローンPowerRayがいよいよ日本で販売を開始する。開発したのは卵形ドローンPowerEggでおなじみ中国北京ののPowerVision社。今回同社は、PowerRay発売に当たって日本国内法人も設立将来的にはR&D開発の拠点の一つにするという。

釣り大国、日本で水中ドローンで革命を

新製品水中ドローンPowerRayのターゲットを釣り大国の日本においてフィッシングの新たな可能性・楽しみ方を訴求したいとしている。PowerRay は、文字通り潜水浮上可能な水中ドローン”。内臓のカメラで4K動画を収録することができるリアルタイムに見るにはHDの映像がケーブルを通じて伝送される。また3種類用意されたラインナップでは、専用の魚群探知機とアプリを活用して釣りも楽しむことができる。

実際に水中でのデモ、VR ONEゴーグルで見る水中風景はかなりの没入感

またアンコウの様に魚群誘惑燈を搭載し、釣り経験のない初心者からプロまで幅広くフィッシングを楽むことができる。さらにZEISS VR ONE Plusゴーグルで海底を泳ぐようなFPV体験が可能でコントロールも可能だ。

釣り大国・日本にて更に革命を起こすべく、この度最新鋭機の水中ドローンPowerRayで日本市場新規参入する。現状ではPowerRayの販売のみでPowerEye、PowerEggの国内販売は検討中だという。本日5月16日より予約販売開始だ。

PowerRay Expolor PowerRay Angler PowerRay Wizard
値段 168,000円(税別) 208,000円(税別) 218,000円(税別)
同梱物 PowerRayビークル32G
ベースステーション
トランスミッター
コントローラ
インテリジェント充電器
通信ケーブル50m
PowerRayビークル32G
ベースステーション
トランスミッター
コントローラ
インテリジェント充電器
通信ケーブル50m
釣り糸
PowerSeeker魚群探知機
PowerSeeker充電ケーブル
PowerRayビークル

64G>

ベースステーション
トランスミッター
コントローラ
インテリジェント充電器
通信ケーブル

70m>

釣り糸
PowerSeeker魚群探知機
PowerSeeker充電ケーブル

ツァイスVRグラス>

気になる価格だが用途によって3つのラインアップが用意されている。PowerRay"Expolor"、"Angler"、"Wizard"となる。"Expolor"は本体のみで、PowerSeeker魚群探知機も付属せず、フィッシング・ドローン機能はない。やはりお勧めは、"Angler"と一万円違いの"Wizard"だろう。上位機種の本体、魚群探知機、さらに長い70mの通信ケーブル、ツァイスVRグラスそして専用キャリーバッグがセットになっている。

このキャリアバックの中に全て収まると説明する全米、豪州、ニュージランド販売担当シニア取締役、Sage Raterman氏

◼︎PowerRay本体

  • サイズ:465*270*126mm
  • 重量:3.8kg
  • 最大操縦深度≤30m
  • 環境温度-10℃~50℃
  • 持続飛行時間高速1h/中速2h/低速4h
  • 耐電流性能2m/s
  • バッテリー94.72Wh(6400mAh)
  • ◼カメラ

  • 画像センサー1/2.3 インチ CMOS;有効画素数1240万
  • 動画解像度4K: 3840x2160 30FPS 16:9
  • スローモーション録画3倍、4倍スピードHD:1280x720 200FPS
  • ビデオ記録ビットレート60Mbps
  • 記録方式JPEG、PNG
  • 映像データ形式MP4, MOV (MPEG-4 AVC/H.264)
  • 記憶容量は最大128G
  • ◼︎ベースステーション
  • 重量≤0.2kg
  • 中性浮力ケーブル長さ:50m/70m
  • Wi-Fi距離:30m
  • Return Top