DRONE

国土交通省航空局がドローン検定協会を「講習及び技能認証を確認した団体」として認定

国土交通省航空局がドローン検定協会を「講習及び技能認証を確認した団体」として認定

無人航空機(ドローン、ラジコン機など)の飛行ルール啓蒙活動、無人航空従事者試験(以下:ドローン検定)などを手がけているドローン検定協会株式会社(以下:ドローン検定協会)は、6月1日付で国土交通省航空局から「講習及び技能認証を確認した団体」の認定を受けた。この認定を受けた団体は、国土交通省航空局のホームページ(Webサイト)に掲載され、当該講習を受講修了した者は許可・承認の申請手続きの際に資料の一部の省略が可能となる。

今回、国土交通省航空局から「講習及び技能認証を確認した団体」の認定を受けたのは、ドローン検定協会及び当該団体が実施している「基礎技能講習」。国土交通省は、無人航空機の操縦者を対象に講習会の受講を促して操縦技術の底上げを図る目的で、要件を満たした技能講習を実施する民間団体を航空局ホームページに掲載する取り組みを進めてきた。

ドローン検定協会ではこれまで、ドローン検定の合格を前提とした操縦技能講習を全国で実施し、多くのドローン操縦士などを輩出してきた実績があり、基礎技能講習が国土交通省から認定を受けたことによって、今後は講習会修了者が許可・承認申請手続きを行う際、操縦者に関する資料の一部を省略することが可能となる。

ドローン検定協会は、全国各地の自動車学校と協力し、同基礎技能講習を受講できる「ドローン教習所」(※商標登録出願中)を整備する取り組みを進めている。今後も、ドローン操縦士となるための選択肢の一つとして多くの人たちが受講しやすくなる環境づくりを続けていくとしている。

Return Top