DRONE

24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭」が開催決定。ドローン撮影部門もあり!

24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭」が開催決定。ドローン撮影部門もあり!

2017年9月16日、17日の二日間、北海道・室蘭市にて24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2017」が開催される。

撮りフェスin室蘭は、同市を24時間の制限時間内に自由に散策しながら、町が持つ被写体としての魅力を写真に収めていく滞在型フォトコンテスト。第二回目の開催となる今回は、募集人数を300名に拡大。コンテスト開催中は、白鳥大橋主塔最上部をはじめ、普段は立入禁止区域となっている絶景スポットを特別に開放する。さらに大黒島に接近する特別クルージングの運航なども行われる。またイベント当日は、写真家浅田政志氏とケント白石氏による作品講評とトークが予定されている。

昨年受賞作品

応募作品はアートディレクターや写真家による審査が行われる。優秀作品は室蘭の公式観光写真として各種広告/広報物に使用されるとともに、賞金10万円と、副賞としてミラーレス一眼レフカメラ「Nikon 1 J5標準パワーズームレンズキット」が贈呈される。撮りフェスin室蘭2017の参加費は税込2,000円。定員は先着順で300名まで。

24時間滞在型フォトコンテスト「撮りフェスin室蘭2017」

実施概要

  • 開催日時:2017年9月16日(土)14:00~9月17日(日)14:00
  • 開催場所:室蘭市全域/運営本部は室蘭観光協会
  • 賞/賞金:
    大賞(1点):賞金10万円+副賞
    準大賞(2点):賞金5万円+副賞
    各審査員特別賞(数点)記念品
    室蘭市長賞、室蘭商工会議所会頭賞、室蘭観光協会会長賞(各1点):記念品
  • 上記はすべて室蘭の公式観光写真として採用

  • 審査員:葛西薫(アートディレクター)、辻佐織(写真家)、藤井保(写真家)、山口一彦(写真家)、浅田政志(写真家)、田口清隆(映画監督)
  • 共催:撮りフェスin室蘭実行委員会/室蘭市/室蘭商工会議所/(一社)室蘭観光協会

参加方法

  • 参加費:税込2,000円
  • 定員:300名/先着順
  • 参加受付期間:2017年6月16日(金)15:00~7月31日(月)23:59
    詳細は同イベントページを参照
Return Top