DRONE

ハウステンボスで300機のドローンが群衆飛行!インテルのドローン・ライトショーが日本でも開催

ハウステンボスで300機のドローンが群衆飛行!インテルのドローン・ライトショーが日本でも開催

画像提供:インテル・コーポレーション

ハウステンボス株式会社とインテル・コーポレーション、株式会社hapi-roboは、日本初となる「インテル Shooting Starドローン・ライトショー」を、2017年7月22日~8月5日まで開催する。

同ショーはこれまでに、オーストラリア、ドイツ、オーストリア、メキシコ、シンガポール、アメリカで開催されている。ハウステンボスの開業25周年スペシャル企画として、株式会社hapi-roboが総合プロデュースを行い、300機の機体が音楽に合わせ、様々なシーンや3Dアニメーションで飛行するショーが行われる。期間中の7月22日には「夏一番花火大会」、8月5日には「スペシャルテーマ花火」も同時開催される予定。

また同社は、今年1月に本格始動したhapi-roboとともに、ベントや設備運営における社内エンジニアリングの向上を図り、日本初「夜間ドローンレース」を開催。ハウステンボスグループとインテル・コーポレーションで世界最高水準のドローン・ショーを提供する。

インテルShooting Starは、新しいタイプのUAV(無人航空機)で、フェスティバルやイベントなどのエンターテイメントに特化してデザインされており、安全性を重視して設計され、実装されているLEDライトにより、40億ものカラー・コンビネーションを実現できるほか、あらゆるアニメーションにも対応可能。重さは約320グラムで、筐体は適応性のあるプラスチックと発泡体でできており、プロペラは保護ケージに包まれている。

ドローンの飛行は、一人のパイロットでコントロールされている。また、インテルは2015年に、最も多くの無人航空機(UAV)を同時に空中に浮かべたことで、ギネス世界記録を達成し、翌年には自社がその記録を更新している。

◼︎ハウステンボス25周年特別企画「インテル®Shooting Star™ドローン・ライトショー」

開催日
2017年7月22日(土)~8月5日(土)
場所
ハウステンボスハーバーエリア
料金
未定(別途、ハウステンボス入場料が必要)
内容
ハウステンボス上空を300機のドローンが群集飛行で織りなすライトショー
Return Top