DRONE

京商、DRONE RACERのレースイベント開催を可能にする「ラップカウントシステム」を発売

京商、DRONE RACERのレースイベント開催を可能にする「ラップカウントシステム」を発売

京商株式会社(以下:京商)は、DRONE RACER のコックピットに装備された赤外線LED の光を感知して、周回数/タイムが計測が可能なDRONE RACER 専用のラップカウントシステムを発売する。価格とセット内容は以下の通り。

DRONE RACERラップカウンターショップエディション基本セット

  • 業務用価格:税別58,000円
  • メインユニット
  • USBケーブル(1m)
  • センサーユニット(5個)※
  • LANケーブル10m(1本)
  • LANケーブル50cm(4本)
  • 取扱い説明書
※コースの幅が2.5m以上になる場合は、センサーユニット (No.32025、¥6,500+税)を追加すれば対応可能

ラップカウントシステムは、DRONE RACERでレースイベントを開催する際に使用可能なシステム。同システムのうち、根幹となる「基本セット」には6台までの同時飛行を計測できる専用ソフトが付属し、メジャーレースで使用されているRC Timing社の計測ソフト「RCM」と接続しての計測も可能となる。オプションで「シグナルセット」「ゲートLED セット」「フロアLED セット」などの拡張セットも用意されている。また、赤外線センサーと各LED セットはLANケーブルで接続可能。設置の際の自由度が高いこと特長だ。

djimini3pro
Return Top