南米最大のフェス”ROCK IN RIO 2017″のラインナップにドローンショー

2017-06-29 掲載
image by Ars Electronica | SPAXELS

近年のライトアップやプロジェクションマップに加えいよいよドローンもエンタメの世界でも活躍しそうだ。世界でも有数の大規模ロックミュージックイベント「ROCK IN RIO(ロック・イン・リオ)2017」にドローンが活躍しそうな気配だ。空撮に使用するのではなく、主役としてだ。今年のロック・イン・リオは、9月14から一週間、レディー・ガガやジャスティン・ティンバーレイク、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどのスターが出演する(詳細を見ればその豪華さがわかるだろう)。日本からもBABY METALが出るかも?と噂されている。今年のラインナップはステージでのショーに加え、エンターテイメントとして、ドローンによるショーも行われる。

イベント期間中、リンツに拠点を置くArs Electronicaのドローン「SPAXELS」が、リオデジャネイロのバーハ五輪公園の上空を舞い、毎夜観客を虜にするだろう。そうあのIntelのプロモーションにも使用された群衆飛行の例のドローン達だ。各ドローンにはLEDが埋め込まれており、壮観な光の彫刻をロック・イン・リオの空に描き出す。弦のような雄大な200メートルの波や巨大なエレキギター、そしてもちろんグランドフィナーレではロック・イン・リオのロゴも見ることができる。

■オーストリアのノイリヒテンベルク近郊で撮影されたプロモーションビデオ

今年3月末、SPAXELSの大群と、私立アントンブルックナー大学の60人編成のオーケストラが出演したティザービデオがテレビで放送された。空中に浮かぶ優れた芸術を見て、撮影隊と共にリンツに到着したロック・イン・リオのプロダクションマネージャーであるヌノ・ピント・ソーサ氏は次のようにコメントしている。

ソーサ氏:大変ワクワクします。SPAXELSは、これからのビジュアリゼーションの分野で必ず大事になってくると思います。

ROCK IN RIO2017

関連する記事

エンタメからビジネスまでバリエーションが拡がる欧州ドローン市場のいま [CEBIT 2018]

開催時期、構成内容も一新されたCEBITでのドローン市場は? 世界最大級のIT系国際見本市として知られるCeBITが運営コンセプトを一新し、B2Bから「デジタルイノベーション... 続きを読む

ドローンラボ、「Intel Falcon 8+」国内販売開始!実機を展示。[第4回国際ドローン展]

4月18日より幕張メッセで開催の第4回国際ドローン展で、インテルのプロフェッショナル業務向けドローン「Intel Falcon 8+」の販売パートナーである株式会社ドローンラボが出... 続きを読む

Jody Aviation、Intelなどから新たに1億ドルの出資獲得、ティルトローター式パンセンジャードローンが現実的に

ボーイング、エアバス、NASA、TOYOTAが揃って大きく出資をすることにより、パッセンジャードローンの構想に巨額の資金が投入されることになる。この投資を新たに受けること... 続きを読む

Intel® Shooting Star™、最大規模1,218機のドローンがオリンピック開会式を飾る

今回のIntel® Shooting Star™は、1218機という前代未聞のSQUAD DRONE(群衆飛行)を記録した。その際に2016年の500機を超え、E-hangが201... 続きを読む

Intel、スクワッドドローン飛行完成形、ラスベガス夜の街を華麗に舞う [CES2018]

キーノート会場でも披露されたIntelのドローンショーがラスベガスベラージオホテルにある噴水ショーに華を添える。米国時間の1月8日から11日まで開催される(9日は雨で中止)。Int... 続きを読む