エアロセンス、GPSマーカーとドローンを連携させた測量パッケージシステム「エアロボ測量2.0」を発表

2017-06-30 掲載

エアロセンス株式会社は、NEDO事業の成果を活用して、建設現場での測量工数とデータ後処理工数の削減を目指し、GPS付き対空標識「エアロボマーカー(AEROBOマーカー)」を開発した。さらにエアロボマーカーとドローンによる測量、クラウドデータ処理を統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、2017年7月よりレンタル・販売予約を開始する。

エアロボ測量2.0は、エアロボマーカーを建設現場に置き、ドローン飛行中にエアロボマーカー自体の位置を高精度に測位し、さらに独自のクラウド後処理と組み合わせ、建設現場での測量工数とデータ後処理工数を削減できるシステム。土木・建設業界では人手不足など、社会課題の解決に活用が期待されており、建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、国土交通省が進めるi-Constructionの普及に貢献していくとしている。

「エアロボ2.0」システムイメージ

土木・建設業界では人手不足が大きな課題となっており、国土交通省は「ICT の全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入し、建設生産システム全体の生産性向上を図り、建設現場を目指す取り組みである「i-Construction」を推進している。i-Construction基準に沿った測量の精度を出すため、現場にマーカーを設置し、そのマーカーを別途測量する必要があった。

NEDOは、技術シーズの発掘・育成や技術課題の解決を目的とし、IoT社会の実現に関連する周辺技術や技術課題の研究開発を推進している。エアロセンスは、2016年7月に経済産業省およびIoT推進ラボの第2回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」でファイナリストに選定され、同会議の支援機関の1つであるNEDOの事業に「安全・簡便・高精度な3Dモデル化オペレーションの実現」というテーマ名で採択された。

なお、エアロボ測量2.0は、2017年7月19日から21日に東京ビッグサイトで開催されるメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017:i-Construction特集展示会にて公開予定。

AeroSense
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

NEDO、「革新的ロボット研究開発基盤構築事業」開始

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)は、多品種少量生産現場をはじめとする、ロボット導入があまり進んでいない領域にも対応可能な産業用ロボット実現に向け... 続きを読む

エアロセンス、洗練されたVTOL型ドローンを販売開始 [Japan Drone 2020]

先日、新型VTOL型ドローン「エアロボウィング」を発表したエアロセンス株式会社はもちろんエアロボウィングをメインで展示、有線給電ドローン「エアロボオンエア」も吊り下げられていた。 ... 続きを読む

国内初、オンライン診療・服薬指導と連動した処方箋医薬品ドローン配送実証実験を実施

経済産業省北海道経済産業局(以下:経産省)と国立大学法人旭川医科大学(以下:旭川医科大学)、ANAホールディングス株式会社(以下:ANAHD)、株式会社アインホールディングス(以下... 続きを読む

NEDOと経済産業省、第三者上空飛行「無人航空機性能評価手順書」公表〜 レベル4解禁に向けて

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)と経済産業省は、ドローンなどの無人航空機による第三者上空での目視外飛行の実現に向け、「無人航空機性能評価手順書」... 続きを読む

Xacti、「安全安心なドローン基盤技術開発」事業に参画

日本アジアグループ株式会社傘下の株式会社ザクティ(以下:Xacti)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が公募する「安全安心なドローン基盤技術開発」事業に2020... 続きを読む