スカイマティクス、キヤノンマーケティングジャパンと農業用高性能ドローンと専用クラウドサービスセットの販売に関する販売代理店契約を締結

2017-07-04 掲載
農薬散布ドローン「X-F1(クロスエフワン)」と専用クラウドサービス「はかせ」

株式会社スカイマティクスは、キヤノンマーケティングジャパン株式会社と、高性能農薬散布ドローン「X-F1」と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」および高性能測量ドローン「X-S1」と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売に関する販売代理店契約を締結した。

産業用ドローン展示会XPONENTIAL2017で初御披露目となった農薬散布ドローン「X-F1」
PRODRONEブース

「はかせ」は“農薬散布の未来が、ここに”をコンセプトに開発されたX-F1と、専用クラウドサービスによる農薬散布クラウドサービス。X-F1は10Lの液剤タンクを搭載する液剤散布用オクトコプター(8枚機)で、最大20kgを搭載可能な機体設計で安定した飛行と空中散布を実現する。機体はPRODRONE社製。

事前に設定したフライトプランに従い飛行を支援するアシストモードなど、複数の操縦支援機能の搭載により初心者も操縦が可能。水洗いが可能な防水性、機体を長持ちさせる耐久性、軽トラックでも運搬可能で移動性にも優れているとしている。生産者は専用タブレットで、インターネットを通じて圃場の登録、機体の点検、散布計画の作成、飛行状況の確認や散布後の履歴管理が行える。

高性能測量ドローン「X-S1」と専用葉色解析クラウドサービス「いろは」

「いろは」は“手のひらに、いつでも葉の色を”をコンセプトに開発されたX-S1と、専用クラウドサービスによる葉色解析クラウドサービス。X-S1は高画質カメラを搭載した全天候型の自律飛行マルチコプター(4枚機)で、ボタン操作で事前に設定した飛行経路を飛行し、高高度からの撮影により圃場全体を、低高度からの撮影により葉色の詳細を自動撮影することが可能。

生産者は専用のタブレットで圃場の登録、機体の点検、飛行状況の確認、葉色画像の診断・管理をインターネット通じて行える。撮影した画像は圃場内の位置に合わせて自動管理し、タブレットで葉色を見ることが可能。害虫情報、作業情報などを入力して葉色の確認を容易にし、きめ細かな生育管理を実現するとしている。

スカイマティクス
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む

「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

実験に使用されたPRODRONE製ドローン 国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODR... 続きを読む

PRODRONE「PDH-02C」で伊藤選手が14連覇、FAI/F3C 日本選手権2019開催

PRODRONE製PDH-02Cを使用している選手たち 写真右から、伊藤雅紀選手(19位)、鵜飼大樹選手(12位)、須釜一博選手(27位)、煤田義広選手(32位)、森安伸選手(1... 続きを読む