ブルーイノベーション、日本初となるイベント「鹿検知コンペティション」の参加チームを募集

2017-07-05 掲載

ブルーイノベーション株式会社は、2017年10月18日~21日に長野県伊那市にて開催される「ドローン・フェスin INA Valley」での「鹿検知コンペティション」の参加チームの募集を開始した。

ドローン・フェスin INA Valleyは、地域活性化および地域課題の解決にドローンを活用していく指針を定めている伊那市において、そのキックオフの位置づけとなり、開催期間集中は「ドローン空撮体験会」「最新技術デモンストレーション」「鹿検知コンペティション」「ローカルMICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」「子ども対象のドローン体験ゲーム大会」などが実施される。

ブルーイノベーションが企画・運営を担当する鹿検知コンペティションは、野生鳥獣による農林業被害の中でも、ニホンジカによる被害が大きい伊那市において、ドローンの活用によりニホンジカの駆除が効率化され、全国的な有害鳥獣の被害防止対策につながることと期待し、技術・技能の向上を目的として実施される。

伊那市では、優秀な成果を出した団体に対して研究の支援を行い、ドローンによるニホンジカの効率的な駆除の実現に向けて、スピードアップを図るとしている。

鹿検知コンペティション概要
実施期間
2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間
※表彰式・結果発表会を21日(土)に高遠さくらホテルにて実施
実施会場
長野県伊那市 鹿嶺(かれい)高原
参加費
無料
競技ルール
■鹿嶺高原における指定エリア(約700m×200m)に設置した鹿ダミーについて、ドローンを活用していかに正確に速く検知できるかを競っていただきます。
■ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行にて行っていただきます。
■検知の方法や使用する機器は自由です。
募集チーム数
15チーム以内(先着順にて受付します/参加受付には一定の審査がございます)
賞金
優勝(市長賞):100万円
2位:50万円
3位:30万円
特別賞(新産業技術推進協議会長賞):20万円
参加賞:(各参加チームに)12万円
ドローン・フェスin INA Valley

関連する記事

JUIDA、福島ロボットテストフィールドにてJUIDA・JUTM・JUAV連携実証実験成功

JUAV実証の様子 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下:JUIDA)は、2019年1月23日(水)に、JUIDA主催としては初めてのJUIDA、一般財団法人総合研究奨... 続きを読む

ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

ブルーイノベーション株式会社は、Flyability SAと業務提携し、安全で時短・コスト削減を実現する屋内点検サービス「Biインスペクター」を2018年6月4日より開始する。 ... 続きを読む

ブルーイノベーション、パイロット支援システムや最新ソリューションを公開 [Japan Done 2018]

先ごろ矢継ぎ早に新ソリューションを発表したブルーイノベーションのブースでは、その実際の機体やソフトウェアを見ることができる。中でも注目なのは飛行ログと操縦ログの両方が取れるドローン... 続きを読む

ブルーイノベーション、AEEと連携しオリジナルドローンによるパイロット支援システムを新規展開

ブルーイノベーションはShenzhen AEE Technology CO.,LTD(以下AEE)と連携し、オリジナルドローンによるパイロット支援システムを開発し、ドローン教育・安... 続きを読む

JUIDA、ドローン試験飛行場「富士箱根ランド試験飛行場」および「大宮試験飛行場」を開設

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下:JUIDA)は、ドローン専用の飛行場「JUIDA・GOKOつくば試験飛行場」「JUIDA・ATR試験飛行場」に次いで「JUIDA・富士箱... 続きを読む