PRODRONE、F3Cラジコンヘリコプター世界選手権に競技者専用モデルPDH-02Cを開発提供

2017-07-27 掲載

PRODRONEは、2017年7月22日から29日までポーランド・ワルシャワで開催されるF3Cラジコンヘリコプター世界選手権に参加する日本代表チームに向けF3C競技者専用モデル『PDH-02C』を開発した。当機は日本代表選手であり日本チームの選手団長でもある国井伸也選手が使用する。ちなみに国井選手はPRODRONE社の開発部部長も務めている。

F3C競技者専用モデル『PDH-02C』

5月に米国ダラスで開催された産業用ドローン展「AUVSI Xponential2017」でシングルロータードローンで長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を発表している。今後、マルチコプータだけではなくシングルロータードローンの開発にも力を入れて行くという。

従来のドローンとは異なり今回開発された『PDH-02C』は、振動で緩みやすいフレームのボルトを極力減らし、強力な接着剤を使うことによって、フレームの大幅な小型軽量化と低振動化を実現している。また、機体のノーズを短くすることで、飛行の安定性および運動性を向上させた正にF3C競技者向けの仕上がりになっているという。

ラジコンの操作技術だけではなく、機体のその性能にも注目が集まっている。PDH-02Cの活躍に期待したいところだ。

F3Cラジコンヘリコプター世界選手権日本代表チーム 本番前にPDH-02Cの飛行テストを行う国井選手
▶︎PRODRONE
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

PRODRONE、国内初5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

体験イメージ 株式会社プロドローン(PRODRONE)は、広島県福山市、KDDI株式会社 、国立大学法人東京大学大学院情報学環中尾研究室、サムスン電子、WONDER VISI... 続きを読む

「FAI/F3C RCヘリコプター日本選手権2018」で伊藤選手が優勝。~PRODRONE「PDH-02C」を使用して

優勝した伊藤寛規選手とPRODRONE製「PDH-02C」(写真提供:ラジコン技術) PRODRONEは、F3C競技者コンペティションモデル「PDH-02C」を、TKKワーク... 続きを読む

PRODRONE、災害現場でドローンを活用。豊田市とドローンの貸与に関する覚書を締結

覚書締結式にて。写真左から豊田市長 太田稔彦氏、株式会社プロドローン代表取締役社長 河野雅一(提供:矢作新報社) 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)と豊田市は、「... 続きを読む

官民協働、長野県伊那市がドローン物流プロジェクトを開始

伊那市ドローン物流事業プロジェクト概要 長野県伊那市は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流... 続きを読む

経済産業省、「空飛ぶクルマ」の実現を推進。「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立

経済産業省は、国土交通省と共同で日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立した。 自動車や航空機の業界な... 続きを読む