PRODRONE、F3Cラジコンヘリコプター世界選手権に競技者専用モデルPDH-02Cを開発提供

2017-07-27 掲載

PRODRONEは、2017年7月22日から29日までポーランド・ワルシャワで開催されるF3Cラジコンヘリコプター世界選手権に参加する日本代表チームに向けF3C競技者専用モデル『PDH-02C』を開発した。当機は日本代表選手であり日本チームの選手団長でもある国井伸也選手が使用する。ちなみに国井選手はPRODRONE社の開発部部長も務めている。

F3C競技者専用モデル『PDH-02C』

5月に米国ダラスで開催された産業用ドローン展「AUVSI Xponential2017」でシングルロータードローンで長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を発表している。今後、マルチコプータだけではなくシングルロータードローンの開発にも力を入れて行くという。

従来のドローンとは異なり今回開発された『PDH-02C』は、振動で緩みやすいフレームのボルトを極力減らし、強力な接着剤を使うことによって、フレームの大幅な小型軽量化と低振動化を実現している。また、機体のノーズを短くすることで、飛行の安定性および運動性を向上させた正にF3C競技者向けの仕上がりになっているという。

ラジコンの操作技術だけではなく、機体のその性能にも注目が集まっている。PDH-02Cの活躍に期待したいところだ。

F3Cラジコンヘリコプター世界選手権日本代表チーム 本番前にPDH-02Cの飛行テストを行う国井選手
▶︎PRODRONE
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

PRODRONE、ドローン通信の高秘匿化で電子情報通信学会優秀研究賞を受賞

(左)伊藤氏の代理参加した西澤氏「NICT」(右)市原和雄 常務取締役「PRODRONE」 株式会社プロドローン(以下、PRODRONE)は、「電子情報通信学会 安全・安... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む

PRODRONE、対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」にかける思いとは?[JapanDrone2019]

PRODRONEは、対話型救助パッセンジャードローン「SUKUU(スクー)」を開発し「ジャパン・ドローン2019」に初出展を行う。いち早くパッセンジャードローン構想を打ち出して来た... 続きを読む

PRODRONE、多くの企業でPRODRONE機体採用、全16機体、新型6機体の発表 [JapanDrone2019]

PD8X(各種センサー標準装備の折りたたみ式ダブルローター8枚機) 株式会社プロドローンは、3月13日~15日幕張メッセ(千葉県)にて開催される「ジャパン・ドローン2019」... 続きを読む

KDDI、スマートドローンサービス6月スタート。

KDDIは、モバイル通信ネットワークを利用し、安全運用を可能な「スマートドローン」で、監視や点検作業の効率化・低コスト化を実現する用途別ソリューションのサービスを6月開始する。 ... 続きを読む