DRONE

GoPro、自動で動画や写真を取り込み可能な「QuikStories」を発表

GoPro、自動で動画や写真を取り込み可能な「QuikStories」を発表

GoProは、GoPro appにフッテージをスマートフォンに取り込み、ビデオを自動で作成する機能「QuikStories(旧名Capture)」を発表した。

QuikStoriesは、スマートフォンのGoPro appとHERO5カメラをペアリングさせることで、アプリが自動的にカメラの直近のフッテージをスマートフォンへと取り込み、音楽やフィルター、エフェクトを調整し、動画の作成を行う。また、テキストの追加、スローモーションやスピードエフェクト、フィルターや音楽の選択、動画の長さの調整などが可能なほか、スマートフォンに入っているフッテージであればGoProで撮影したものでなくても追加が可能。

HERO5 Black、HERO5 Sessionに対応しており、無料でApp StoreもしくはGoogle Playよりダウンロードして使用する。

Return Top