調査用ドローン、建設業におけるバリューチェーン分析

2017-08-08 掲載

調査用ドローン、建設業におけるバリューチェーン分析について提携先のドローンシンクタンクであるDRONEIIから発表があった。 有人の飛行機に比べ、小さなUAVはゆっくりと低空飛行が可能だ。この能力によって、より詳細かつ価値のある情報を提供してくれるのだ。ハーフェン市大学、ジオメトリクスラボのThomas P.Kersten教授は次のようにコメントしている。

Kersten教授:他のオプションと比べて、UAVは搭載可能なペイロードの量がかなり制限されていることに触れなければならない。だから、安定したメトリックカメラの品質には合わないが、専門的ではない軽量のコンシューマーカメラが一般的に使用されているのだ。しかし、こうした比較的安価なカメラでも建設業界のニーズに応えることは十分に可能だ。

これは現在のビジネスに何を意味しているのか?

UAVソリューションのサポートによって測量プロセスを短縮することは、あらゆるプロジェクトにおいて、金銭的投資を大幅に削減する可能性がある。調査員は同じ時間内に、より多くのプロジェクトを実行できるだけでなく、より質の高いデータを使用して作業を進められるので、生産性を向上させることができるだろう。正しい決定を行うためには、まずは求める結果を定義することが重要だ。だからこそ、以下の決定プロセスが有効だといえる。

その後、プロのドローンオペレーターを雇ったり、ドローンのオペレーションを自分で始めたい場合は、地元の規制や環境条件を精査する必要がある。ミッションとオペレーションが明確になれば、無人航空システム(UAS)の設定はほぼ完了といえる。

どのパートで資金を節約し、いくら節約できるのか?

バリューチェーン全体を見れば、置き換え可能なリソースと時間を要する活動が明確になる。繰り返し行う活動(例:同じ場所の建設進捗状況をチェックするなど)は、UAVを使えばさらに大きな節約が可能になるかもしれない。

UAVによる測量のためのバリューチェーン分析レポートには測量でドローン技術の使用を検討する場合に知っておくべき要素が示されている。従来の測量方法と比べて、UAVアプリケーションの技術的側面、法的側面、運用面の詳細な概要を示されているのだ。建設業界が扱わなければならないUAVの技術的問題点についても詳細に議論されている。

UAV市場参入の基礎を記したDrone Business Development Guide 2016に加えて、このレポートはこれまでの商用UAVに関する最も包括的な分析を提供している。また、このレポートは、建設測量およびUAVの専門家の支援を元に作成されている。

※クリックすると拡大されます
▶︎Droneii.com
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ドローン市場2020~2025年。成否を知る5つのポイント

2020年を迎え、商業用ドローン業界には新たな課題、新たな市場参加者、新たなユースケース、規制上のハードルが立ちはだかっている。提携先のDRONEIIが最新ドローン市場レポート「2... 続きを読む

2019年度ドローン投資額が記録更新し最高額へ

新年度を迎えたが、状況は新型コロナウイルス感染症の影響のためにこの先不透明な部分も多い。そんな中、2019年度ドローン投資の主なトレンドと動向をDRONE.jp提携先DRONEII... 続きを読む

ドローンとコロナウイルス。危機から機会へ

ドローンとコロナウイルスの関係性 新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延によって引き起こされた世界的な健康危機への対応に世界中の関係者が奔走している。自動化と社会におけ... 続きを読む

エアモビリティ?パッセンジャードローン?その名称を一度整理してみよう

■パッセンジャードローン定義 パッセンジャードローン:すべての無人運転プラットフォーム 個人用飛行機:個人利用のための無人運転プラットフォーム eVTOL:無人運転か... 続きを読む

DRONEII、ドローン配送についての考察。ロジスティック業界に異変あり

上記インフォグラフィックはここからダウンロード可能。 ドローン配送について考える DRONE.jp提携先のDrone Indusry Insight社(以下:DRONEII)が... 続きを読む