学生エンジニア達の熱い戦いが閉幕。広州の華南理工大学が「ROBOMASTER 2017」で200チームの頂点に

2017-08-09 掲載

DJIが主催するロボットコンテンスト「ROBOMASTER 2017」が2017年8月6日(日)に閉幕した。200を超える世界中のチームから約7,000人の学生エンジニアが参加し、決勝ラウンドでは32チームが熱戦を繰り広げた。コンテストは中国・広州の華南理工大学チームが優勝し、優勝メダルと200,000人民元(約300万円)が贈呈され、準優勝の山東科技大学には100,000人民元が、第三位の太原理工大学には50,000人民元が贈呈された。

ROBOMASTER 2017は、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニアが世界中から参加する年次のコンテスト。3回目を迎えた今年のROBOMASTERには中国、アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ、シンガポール、香港やマカオなどの学生が参加し、Twitch、Xilinx、Nvidia、Western Digital、SanDiskが協賛を行った。DJIのバイスプレジデントであるPaul Xu氏は次のようにコメントしている。

Xu氏:ROBOMASTERは、数年前に中国で始まり、現在ではアメリカ、イギリス、カナダやアジア各国などが参加し、国際的な大会へと成長しています。ROBOMASTERは、革新的なエンジニアの技術にゲーム性とエンターテイメント性を加えたロボットコンテストです。この大会は、若くて有望なエンジニアたちを世界に紹介するだけでなく、ロボット工学が世界にどのような影響を与えるのかを知るきっかけとなるイベントでもあります。

コンテストに参加した全てのチームの情熱と多大な努力を、私たちは本当に誇りに思います。私たちがこの大会を通じて見た全てのロボット技術や発明は、将来世界で実現されるさまざまな応用技術のはじまりです。

中国・深センのスポーツアリーナ「Shenzhen Bay Stadium」で行われた今年の決勝ラウンドは、twitch.comにより世界中の視聴者へ動画配信され、20ヶ国で合計814,000人の視聴者がオンラインで観戦した。華南理工大学のキャプテン Huanpeng Lu氏次のようにコメントしている。

Lu氏:世界中から才能豊かな学生が参加するROBOMASTERで優勝できたことを誇りに思います。今まで学んできたことを実践に移しながら、チームメイトとともに、ユニークで革新的なロボットを作れたことが何よりの成果だとおもいます。

ROBOMASTER 2017
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ドローンで溺者を救え!ライフセーバーとドローンの連携プロジェクトがスタート

ドローンとライフセーバーが連携して海水浴場の監視や水難救助を実施するプロジェクトが7月18日に片瀬西浜・鵠沼海水浴場(神奈川県藤沢市)でスタートした。8月末までの土日祝日にドローン... 続きを読む

DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンス発表

DJIは、2019年3月に発表したサブスクリプション形式のソフトウェア「DJI Terra」(ドローンデータをデジタル3Dモデルやマップに変換し、分析や意思決定に役立つ)を、202... 続きを読む

DJI、産業用ドローン定期点検サービス提供開始

DJI JAPAN 株式会社は、建設や設備点検、災害対応などの業務でドローンを使用するDJIユーザーの作業効率を確保し、安心・安全なドローン運用を支援する「DJI 定期点検サービス... 続きを読む

Shell、DJIと提携。Matrice 300 RTKでスマートかつ安全に保守作業を行う

石油・ガス産業では、安全は最優先事項である。広大な石油プラントやタンクファーム検査など安全対策は最も重要であり、危険から作業員を守るために必要なものである。 石油産業大手のS... 続きを読む

DJI、ドローンが救った命がわかる「DJI Drone Rescue Map」公開

これまでにドローンで救助された400人以上の人々がいるという。DJIは、ドローンが誰かを危険から救い出した時の世界各地の出来事を追跡するためのオンラインリファレンス「DJI Dro... 続きを読む