PRODRONE、山岳果樹園農薬散布ドローン「SMX X-F1」を発表。[InterDrone2017]

2017-09-07 掲載

株式会社プロドローン(PRODRONE)は、山岳果樹園農薬散布ドローン「SMX X-F1」を発表した。

SMX X-F1は、2017年9月6日から8日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン展「InterDrone 2017」同社ブース(ブースNo.601)にて参考展示される。

SMX X-F1は急傾斜な環境で育つ農作物向けの農薬散布ドローン。株式会社スカイマティックスに向けて開発したこの機体は、PRODRONEのODMモデルとして生産を行っているという。機体は8ローターを搭載し、10Lタンクを装備している。

新開発の3Dオートパイロットシステムにより、山間部にある果樹園でも、高低を含む3次元での自動運用を実現。ピンポイントでの噴霧により効率的な散布を実現するとしている。オペレーターはタブレット上で飛行コースを設定するだけで運行可能。また日常のメンテナンスとして、オールウェザー対応で機体の丸洗いも可能。主な仕様は以下の通り。

仕様(暫定)
モーター軸間距離 1534mm
最大ペイロード 20kg
機体重量 13.2kg
※バッテリー含む
最大速度 60km/h
全高 660mm
飛行可能風速 8m/s
プロペラ直径 533mm/21inch
飛行時間 13~25分
※非搭載時の場合
※飛行条件により異なります
バッテリー 16000mAx2
耐水性能 雨天飛行可
▶︎PRODRONE
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

PRODRONE、国内初5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

体験イメージ 株式会社プロドローン(PRODRONE)は、広島県福山市、KDDI株式会社 、国立大学法人東京大学大学院情報学環中尾研究室、サムスン電子、WONDER VISI... 続きを読む

「FAI/F3C RCヘリコプター日本選手権2018」で伊藤選手が優勝。~PRODRONE「PDH-02C」を使用して

優勝した伊藤寛規選手とPRODRONE製「PDH-02C」(写真提供:ラジコン技術) PRODRONEは、F3C競技者コンペティションモデル「PDH-02C」を、TKKワーク... 続きを読む

Doosan、水素エンジンでユニットでドローンを開発[InterDrone2018]

例年そのブースの大きさや場所でその企業やトレンドの勢いを推し量ることができる。InterDrone2018で最大級のコマ数を誇り最も好位置にブースを構えていたのが韓国のDoosan... 続きを読む

ELECTRAFLY、パッセンジャードローンで世界を目指す[InterDrone2018]

この筐体デザインだと搭乗するのにいささか不安が… 今年初お目見えとなったアメリカ・ユタ州ソルトレイクに拠点を持つエクレクトラフライ(ELECTRAFLY)は、巨大なパッセンジャー... 続きを読む

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace US-1。[InterDrone2018]

白くミニマムなデザインが印象的なImpossile Aerospace社が発表したUS-1。今回の製品展示が初披露となるということでブースには多くの来場者が集まっていた。 同... 続きを読む